クリスタルボウル演奏会 inイズムカフェ


イズムカフェにて開催の
「クリスタルボウル演奏会」に参加してました!


4回目クリスタルボウル


「回数を重ねるたび、カラダが倍音に慣れて
よりいい反応が出るのよ。」
と、えり先生↑がおっしゃっていましたが

本当です。

第4回目の今回は、今までよりずっと
クリスタルボウルの響きに
カラダが素直に反応しているという感覚がありました。

途中、血行が良くなったせいか
熱ーくなって全身から汗が噴き出し

そして、オーラ体の汚れが
倍音の響きのシャワーによって洗い流されていく
そんな感覚を味わいました。

そのお陰で、終わった後は
カラダも心も軽くなり
「サッパリしたー!」
と、まるで上質の温泉から上がったような感じです



クリスタルボウル


私はいつも、瞑想をしながら聴いていますが、

「あなたはあなたでいい」

「変わることを恐れないで」

という2つのメッセージをいただいた気がします。


「あなたはあなたのままで」
一方は「変わることを恐れるな」
と、相反するような内容ですが…

軸はブラさずに、より良い方向へ進化していけ!
という事かな?と、解釈しました。

本質を忘れず、現実をしっかり生きていけたらと思います。



4回目クリスタルボウルヨーグルトケーキ


伊藤オーナー手作りのヨーグルトケーキも美味しかった!

オーナーの庭で採れた手作りのブルーベリージャムが添えてあり
甘みと酸味のバランスが絶妙でした。

(ケーキの写真を撮り忘れみやのさんから画像を提供して頂きました。)


美味しいスイーツもいただき
クリスタルボウルとえり先生の
大きな愛に包まれ、とても有意義な時間でした。


次回は来年3月に開催です。

えり先生のコンセプトは
「浄化→癒し→活性化」だそうです。

今回行けなかった方、今回行けた方ももちろん
ぜひ参加して、今、自分に必要なエネルギーを
クリスタルボウルからいただきましょう






今週の「ヨーガ・スートラ」 9


「ヨーガ・スートラ」 by聖師パタンジャリ

第1章 三昧章(サマーディ・パーダ)

第1章18節  有想三昧と無想三昧

他方の(無想・アサンプラジュナータ)三昧は
勤修(アビヤーサ)を行じた後に想念(プラトヤヤ)が無くなり
止念の残像印象(サンスカーラ)が残っている三昧である。


(解説)
もう一方の無想三昧とは、
心素の働きを止める努力(アビアーサ)を続けた結果
「私」という意識すらも無くなり
動かない状態の残存印象(サンスカーラ)が残っている三昧である。


心の活動はすべて静止していて、いわゆる「無」に等しい状態となっている。
ヨーガのゴール、独尊位、いわゆる「解脱(モークシャ)」である。
この無想三昧に達すると、意識だけがあって、他になにもない。
個は完全に解放され、俗世間で翻弄さることは二度となく
生きながらにして解き放たれている状態となる。



【参考図書】
図説ヨーガ・スートラ/伊藤武:著
インテグラル・ヨーガ/スワミ・サッチダーナンダ:著



出雲へ行ってきました


夏の終わりに、松江、出雲に行ってきました。


出雲松江城
国宝 松江城

天守閣から、宍道湖と松江の街並みがよく見えました。



足立美術館庭
足立美術館

日本画と日本庭園の融合というコンセプトで建てられ
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では
3つ星として評価された美しい日本庭園で広く知られている美術館です。

足立美術館

庭園がそのまま美術品です。



出雲鳥居
出雲大社

大きくて澄んだ気が漂っています。
ガイドツアーに参加して「八足門」の中に入り、より神様の近くに行くことが出来ました。

出雲しめ縄

巨大な「しめ縄」に感動です。
5.2トンだとか。


出雲稲佐の浜
稲佐の浜

出雲大社から車で5分の所にある稲佐の浜の「弁天島」です。

ここは、天照大御神より、国譲りの指名を受けた建御雷神が大国主神と対面した場所です。
また旧暦の10月10日には、出雲大社に集まる全国の神々がこの浜から出雲へ上陸すると伝えられ、今なお神迎えの神事が行なわれる出雲のパワースポットの一つです。



出雲日御碕神社
日御碕神社



出雲博物館
島根県立古代出雲歴史博物館

出雲大社すぐ隣にあります。
ガラス張りのとても雰囲気のいい博物館でした。



出雲古代神殿

展示の1番の目玉となる
平安時代の高層神殿であった頃の出雲大社本殿の模型です。

高さ48メートル、ビル8階建に相当するそうです。

ホントにこんな高層神殿が古代にあったのー??
と疑ってしまいますが

2000年に行った境内内の発掘調査によって
3本一組の大きな柱が3箇所も見つかり
この高層神殿も可能である事が証明されたそうです。


出雲銅剣

なんと!
この銅剣358本は、全て出雲市内の1箇所の遺跡から発見されたそうです。
こんなに!? 凄いですよね!
(写真では伝わりにくいですが、実物は圧巻です。)

1つの遺跡でこれほどの数の発掘は例がないそうで
これにより、古代・出雲が大きな権力を持つ一大国家であったことが明らかにされたそうです。


出雲銅鐸

上の銅剣と一緒に発掘された6つの銅鐸
(ステキです

出雲千木

遷宮の際に取り換えられた出雲大社本殿の千木と鰹木が展示されています。
間近で見ると、本殿の大きさがよく分かります。


とても見応えがあって、素晴らしい博物館でした!
出雲大社へ行った際にはぜひお寄り下さい!
出雲大社参拝前に寄ると、より出雲大社が楽しくなると思います。



出雲そば

出雲名物の「割子そば」も頂きました


島根県、松江・出雲は、古代日本の豊かな歴史が伺える
とても奥深く、何度でも訪れたくなる場所でした




10月のスケジュール


台風による被害、地震による被害と
日本列島、天災による被害が続いていますね。

被災されたれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

ご心痛をお察ししますと共に
日常の生活が一日も早く戻られることを
心よりお祈り申し上げます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

残暑が残るこの季節
なんとなくだるい、気力がわかない
という方も多いかもしれません。

酷暑による疲れが出ていたり
ニュースを見て、不安や心配を
知らず知らずのうちに抱えているかもしれません。

こういう時は
適度にカラダを動かすのが一番です。

今月も呼吸と共に心地よくカラダを動かし
ネガティブなものは全て排出しましょう。

変化して止まない世の中ですが
ヨーガの時は、変化する事のない本質を感じながら行なっていきましょう。

とても大きな癒しがあります。


《10月のスケジュール》

セラピー・ヨーガprana(プラーナ)
《月曜日》
 1日  新町市民センター 和室   
 8日(祝)  祝日の為お休み
15日  7,8,9丁目新町自治会館
22日  新町市民センター 和室
29日      〃
   
《火曜日》
 2日  青梅市民センター 多目的室
 9日      〃     会議室
16日      〃       〃
23日      〃       〃
30日      〃       〃        


【時間】月、火曜共に 10:00〜11:45
    要予約。小荒井まで(連絡先は下記に記載)

【レッスン料】
チケット5回分 5000円(無期限)
(月曜日と火曜日、どちらも同じチケットで受講可能です。)
体験 500円

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

yogaナマステ(アロマヨガ)

10月3日(水)17日(水)31日(水)
3日間共「和室」


11月は、7日(水)21日(水)を予定しています。
   
【場所】 新町市民センター  
【活動日】(原則として)第1、3、5水曜日(月2〜3回)
【時間】 20:00〜21:30
【月謝】 毎月2000円 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ゆったり「カフェ・ヨガ」

10月5日、12日、19日、26日
(全て金曜日)


【時間】 午前10:30〜12:00
     午後 1:30〜 3:00
【活動日】毎月第1〜4金曜日(原則として第5金曜日と祝日はお休みです。)
【場所】 「ISMカフェサロン」(青梅市千ヶ瀬町2−188)
【参加費】 1回 1000円

※ 無料レンタルマットあり。

申し込みは、『ISMカフェサロン』オーナー伊藤さんまで
(☎︎090−9399−1056)
or 小荒井でもOKです。
(定員9名 要予約)


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

〜からだと心の休息〜
「休日のセラピー・ヨーガ」


10月20日(土)(アロマヨガ)

【時間】 午後3:15〜4:45
【場所】 新町市民センター 和室
【参加費】1000円


9月の「休日のセラピー・ヨーガ」は、
9月22日(土)午後3:15〜4:45
新町市民センター 和室
参加費:1000円

※要予約(小荒井まで。連絡先は下記に記載)


11月は、24日(土)午後3:15〜
新町市民センターにて予定しています。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

参加者募集中!!

ヨーガは、心身に溜まった疲れや
ストレスを軽減させ、
免疫力、自然治癒力を向上させるのに
とても効果的です。

体と心の声に耳を傾けながら、
「呼吸」と共に心地よく体を動かし、
心身の調和を図っていきましょう。

調和を取り戻すことで、
カラダも楽になり、精神も安定します。

ヨーガの心地よさを
ぜひ体感しに来て下さい。

お待ちしています♪

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

〜予約、問い合わせ先〜

小荒井伸子(こあらいのぶこ)まで
Tel 090-9139-6616
Kumakoara.non ** gmail.com

( ** を@に変えて下さい)



今週の「ヨーガ・スートラ」 8


「ヨーガ・スートラ」 by聖師パタンジャリ

第1章 三昧章(サマーディ・パーダ)

第1章17節 有想三昧と無想三昧

有想三昧(サンプラジュナータ・サマーディ)は
(ヴィタルカ)、(ヴィチャーラ)
歓喜(アーナンダ)、我想(アスミタ)

の意識を持っている



(解説)
三昧(さんまい)には、有想(うそう)と無想(むそう)があり
その内の有想三昧は、字の如く「想念と共に有る三昧」です。

瞑想し、瞑想の対象をよく心に映したものの
(あるいは、深い集中状態に入ったものの)
心にはまだ想念
すなわち「心の働き」が残っていている状態です。

そしてこの有想三昧には、精神の統一状態によって
尋、伺、歓喜、我想と、段階があり
この順に瞑想の境地は深まっていきます。

① ヴィタルカ(尋/思念)
瞑想して、心は、風のない澄みきった湖のようになっているが
瞑想の対象とまだ一如となりえていなく、時々煩悩のさざ波が立つ。

② ヴィチャーラ(伺/思惟)
瞑想して、心は静まり、心の湖に煩悩のさざ波が立つこともない。
しかし、瞑想の対象といまだ一如となり得ていなく
ときおり分別の泡がプクプクと湧いてくる。

③ アーナンダ(歓喜)
湖面は空の月をそのままに映し、対象と一如になりえている。
しかし、無意識はいまだ働いている。

④ アスミタ(我想)
歓喜すらも消滅し、このアスミタの境地に入る。
全ての雑念や感覚は消え去ったが
「私は三昧に入った」という“自己意識”を伴っていて
心の中には依然としてサンスカーラ(記憶因子)が発生している。
この境地において瞑想者はプルシャを経験するが
プルシャそのものに成る(独存する)わけではない。


【参考図書】
図説ヨーガ・スートラ/伊藤武:著



「三昧(サマーディ)」・・・ヨーガではとても重要な言葉です。
ぜひこちら↓↓↓もお読み下さい!

ラージャ・ヨーガ「三昧(サマーディ)」




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR