盆踊り 第2弾


今日は、酷暑もひと休み。

比較的 過ごしやすい一日でしたね。



昨日は先週に続き、自治会の盆踊りでした

模擬店も出て、たくさんの人で賑わっていました。


789盆踊り


女性部のメインイベントである盆踊りが無事に終わり、
ホッとしています。



今日は新月。

(と、書いていたら次の日になってしまった…)


新月ですから、気持ちも新たに、
明日からまたヨーガに勤しみたいと思います





暑い!!


「暑い!」

本当に、このひと言の「夏」ですね。

太陽さん、ひと休みしてー!
と、思っていたら、昨日のゲリラ雷雨…

皆さん、大丈夫でしたか?

でもそのお陰か、夜は少し涼しくて、
久しぶりに朝までグッスリ眠れました


今週末は、さらに気温も上がるようで
身体もツライですが、

こういう時は、睡眠もよく取って、
無理をしないに限ります!

状況的に無理をしないといけない人は、
一度 肩の力を抜いてから頑張りましょう♪




先日の日曜日、私は
自治会の盆踊りに参加してきました

九支会盆踊り


途中で稲光がなり、突風も吹いてきて、
まさにゲリラ雷雨の前兆が…

このまま続けられるの!?
と心配の声も上がりましたが、

運良く雨にも降られず、時期に雷や風もやみ、
無事に続けることができました。


「今まで、イベント事で雨が降ったことがない!」

という強力な「晴れ女さん」が部にいるのですが、
その方のお陰かな?




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


このところ、ヨーガクラスの方に
新規入会の方が続いていまして、ありがとうございます。


初めは、動きについていくのが精一杯かもしれませんが、
力まずに、ゆったりとした気持ちで、

それこそ、無理をしすぎないように
(初めは痛いかもしれませんが)心地よく身体を動かしていって下さいね。


動きに慣れてきましたら、
呼吸にも意識を向けて、動きと呼吸を合わせていきます。

そして、ポーズをキープしている時には、
お腹からゆっくり深く息を吐く。

そうすることで、ヨーガの効果がグッと上がってきますよ


さらに慣れている方達は、身体の内側で起こっている、
「あるがままを客観視(マインドフルネス)」しながら
ヨーガしてくださいね。



自分の「あるがまま」を知り、「あるがまま」を受け入れ、
「高次な意識」とつながっていくのがヨーガの目的です。


しなやかな筋肉をつくり、
気や血液のめぐりを良くし、
心には静けさをつくって、

今日もヨーガで
「サットヴァ(善性優位)」な自分となっていきましょう!





サットヴァ(善性優位)って何?
という方はぜひこちらをご覧ください。
↓↓↓
癒しのヨーガ生活「3つのグナ(性質)」











心をシンプルに


暖かい日も少しずつ増えてきて、
花たちも次々に咲き始めていますね。

新町御嶽神社の境内入り口にある
紅白の「しだれ梅」がとても可愛いです。


新町御嶽神社の梅

(…ぜんぜん可愛く撮れませんでした



先日参加したラージャ・ヨーガ行の

瞑想の前にされる木村先生の話の中で
心に響いた言葉です。


「ネガティヴな感情に、心のエネルギーを無駄使いしない。」

「心をシンプルにして生きる。」

「その時その時を大切に。」



この言葉を聞いただけで、
なんだかスーッとネガティヴなものが流れて、
心が軽くなりました。

またしばらく、軽やかな心で、楽に楽しく
過ごしていけそうです。



ヨーガとは


昨日は春一番も吹いて、春の訪れを実感できた一日でしたね!

しかし、今日はまた一転、冬に逆戻り。
しばらく冬と春を繰り返す日が続きそうですね。


話は変わりますが、

「ヨーガとは何か」を一言で表すとしたら何だろう?
と考えた時に、

ヨーガとは「楽に生きる方法」
ではないかと思います。


ここで言う「楽」とは、
何もしないで楽をする。の「楽」ではなくて、

身体も心も軽やかで楽。と言う意味の「楽」です。



アーサナ(ポーズ)で身体を楽にして。
呼吸法で呼吸を楽にして。

身体と呼吸が楽になると、心も楽になってきます。


そして、瞑想を続けていくと、心の許容量が増え、
イヤなことも減ってくるので、また更に楽になってきます。


楽に生きていくと、笑顔でいる時間も増えてきて、
自然と今が充実してきます。


ヨーガを続けている人は、きっとこのことが実感としてあると思います。

???と思う人は、ぜひ実感できるまで続けてみてください。

ヨーガには、
「毎日を楽に楽しく過ごせる方法」がぎっしりと詰まっています。




明日の日曜日は、木村先生のラージャ・ヨーガ行に行ってまいります。

勉強してきた「楽に楽しく過ごせる方法」を、また教室でお伝えしますね。


明日はお天気も良さそうですね。

皆さま、楽しい週末をお過ごしください





人生時計 〜あなたは今、何時ですか?〜



「人生時計」という考え方をご存知ですか?


人間の一生を1日(24時間)に例え、
今の自分の年齢が1日のうちの何時に当たるのか

という視点から、

自分の年齢の意味を客観的に考えてみるツールとしてみたり、

「もう◯歳だから〜」
などという年齢についての思い込みをリセットする効果もあったりと、

様々な使い方のできる時計です。


自分の年齢を3で割り、
その数字を24時間の時刻に当てはめてみるのですが、

この計算だと、1日が72歳で終わってしまうので、
最近は、1日を80歳として計算する事が多いようです。


この場合は、「自分の年齢×0.3」で計算できます。


私の場合だと、現在49歳なので、
「49×0.3=14.7」となって、14時50分頃。
午後3時ちょっと前となります。

午後3時ちょっと前のイメージは、

お昼から始めた仕事もひと段落。
でも日没まではまだ時間もある。
お茶でも飲んで一息ついたら、もうひと頑張りするかー!
という感じでしょうか。


うーん。
確かにそんな時かもしれません。
20年間の子育ても、ちょっとひと段落。
やりたい事もまだまだあって、
日が暮れる前に、ぜひもうひと頑張りしたいです。



この人生時計の考え方からすると、
20歳は、午前6時。

「そろそろ起床」という時間。
まさに1日の始まる時です。


そう考えると、
高三の18歳は、進路を決める大事な時ですが、
まだ午前5時半まえ。
目覚めていなくても仕方がないのかもしれません。


30歳で、午前9時
40歳で、正午

まだまだ時間はたっぷりあります。

60歳で、午後6時。

サラリーマンだったら、仕事も終わり、
これからお楽しみの時間ですね。


80歳で24時になってしまいますが、
80歳をすぎた場合は、
「人より長く1日を楽しめている。」
と考えるそうです。

確かに、深夜の時間帯は、
それこそ自分の好きな事を、
誰にも邪魔されず出来る楽しい時間です。



皆さんは、今、何時でしたか?


人生は、時計のように、
必ず24時間あるという保証は全くありませんが、

何時であっても、
あせったり、あきらめたりせず、

一度しかない今の時間を、
大切に過ごしていきたいですね。





プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR