「逆説の10カ条」ケント・M・キース


4月に開催された、大宮での研究総会でも公演をされた
ケント・M・キース博士の「逆説の10カ条」をご存知ですか?

マザー・テレサも感銘を受け、以前ブログでも紹介をした
「あなたの中の最良のものを」の元となった詩です。


1968年、ケント・M・キース博士がハーバード大の学生だった時に、
高校生のリーダー向け小冊子に書いたもので、
その後、世界中に広まったそうです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


逆説の掟 逆説の10カ条
〜生きる意味と意欲〜

1. 人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

3.成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、最小の心をもった最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。
それでもなお、大きな考えをもちなさい。

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

9.人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善をつくしなさい。


ケント・M・キース


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


訳によって、少し違っていたりもするようです。


自然と世界中に広まった逆説の10か条は、
マザー・テレサの目にもとまり、
彼女の愛唱した教えとして
「マザー・テレサ語る」に掲載され、

いわばマザー・テレサの教えとして
さらに世界中に広まりました。

ケント・M・キース博士は、ご自身が書いた25年後に
そのことを知ることになりました。


友人が博士に紹介したマザー・テレサの詩がそれで、
「自分が書いた詩だ!!」
と驚かれたそうです。


「なあ、良い詩だろー!」
と、友人に感想を求められ、返答に困った。
というエピソードも、講演の中でお話しされていました。




心が折れそうになった時、
「それでもなお」と、前進していくことは、
とてもタフな精神力が必要ですが、

そのような時、支えとなるように、
心に留めておきたいですね。


人からの評価でなく、
自らの意志に忠実でありたいものです。



以前紹介した、マザー・テレサの
「あなたの中の最良のものを」もよかったらお読み下さい。

マザー・テレサの言葉「あなたの中の最良のものを」








マザー・テレサの言葉



「あなたの中の最良のものを」


人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい


あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい


目的を達しようとするとき、
邪魔立てをする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい


善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい


あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい


あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい


助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい


あなたの中の最良のものを、この世に与え続けなさい
たとえそれが十分出なくても、
気にすることなく、最良のものをこの世に与え続けなさい


最後に振り返ると、あなたにも分かるはず
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです
あなたと他の人との間のことであったことは一度もなかったのです


〜マザー・テレサ



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



ヨーガ療法士の講座の時に出会った詩ですが、
ヨーガの勉強や、育児などでも、
私の心の支えとなった詩です。


「たとえ十分でなくても、あなたの中の最良のものを」
とても励まされる一節です。





「マザー・テレサ」の言葉


先日、呼吸によって、宇宙の生命エネルギーであるプラーナ(気)
取り入れるというお話をしましたが、

私たちは、その他にもたくさんのエネルギー(栄養)を取り入れて、
毎日の生活を送っています。


「からだ」のエネルギーとなるものは、「食べ物」です。
では、「こころ」のエネルギーとなるものは何でしょうか。

それは、「言葉」です。


「ありがとう!」「大丈夫!」「頑張って!」
人からプラスの言葉をかけてもらえると、
元気や勇気が湧いてきますよね。

また、本などの言葉からも、元気や勇気を頂けたりします。


私は、「こころのエネルギー」が下がってしまった時に、
よく「マザー・テレサ」の言葉をみて、
元気や、一歩前に進む勇気を頂いています。


「マザー・テレサ」は、その生涯を愛と平和のために捧げたことで知られ、
「ノーベル平和賞」も受賞した修道女ですが、

その「マザー・テレサ」の言葉を、これから時々ここで紹介したいと思うので、
皆さんもこころのエネルギーが低下してしまった時に、
このマザーの言葉で、「こころのエネルギー(愛のエネルギー)」
をどうぞ高めて下さいね。



《マザー・テレサの言葉》

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

大切なのは
どれだけたくさんのことをしたかではなく
どれだけ心をこめたかです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

私たちはこの世で
大きいことはできません。
小さなことを
大きな愛をもって行うだけです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆








プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR