「御嶽蔵王大権現」ご開帳


御岳山の「武蔵御嶽神社」は、
今年12年に1度の「酉(とり)年式年大祭」に当たり、

5月末まで、秘蔵の「御嶽蔵王大権現(みたけざおうだいごんげん)
ご開帳が行われているということで、出かけてました。


「権現像」は、修験道の開祖“役行者(えんのぎょうじゃ)”が
神格化された姿と言われています。


酉年大祭2


武蔵御嶽神社の歴史は古く、
僧の行基(ぎょうき)が奈良時代、蔵王権現を祀ると
東国の霊山として信仰を集めるようになりました。

その後、徳川家康が江戸の西の守り神と崇め、
社殿の向きを鎌倉のある南から、
江戸を望む東に改めたそうです。



なぜ酉年に式年大祭を行うかというと、

酉が西の方向に当たるため、世の中の安定を願ってという説。

御祭神である日本武尊が亡くなられた時に
「白鳥」になって飛んでいかれたとの故事による説。

農耕の神としても信仰されていることから、
たくさんの作物を「採り入れる」=とり=酉(七赤金星・実りの秋・収穫の方向=西)にちなんで。

など、諸説あるようです。



この日は暑いくらいの晴天に恵まれ、

ご開帳が終わる間際の日曜日だったせいか、
神社も結構な賑わいでした。


酉年大祭3



ご開帳の儀式(?)が行われる拝殿も満席です。
(1日に4回拝観がありました。)

幸運なことに、拝殿の真正面に座ることができました。
(端の席は儀式の様子が見えない為、モニターが付いていています。)


ご開帳拝殿

この拝殿までは撮影OKですが、大権現様はもちろん撮影禁止です。
この写真中央の奥の方に大権現様いらっしゃいます。


式では、神主様がお祓いをして下さり、大祓の祝詞や、
酉年式年大祭の特別な祝詞が奏上されました。

その後、順に2列に並んで進み、
いよいよ「大権現様」参拝です!


12年に1度ご開帳の秘蔵である「大権現様」、
さぞかし凛々しく威厳のあるお姿なのだろうと想像しながら、
拝観に臨みましたが…

あれ?
実際のお姿は、想像以上に小さく
形も直立ではなく、
横に流れているような?飛んでいるような?お姿で、

「イエ〜イ!!楽しくいこうぜぃ〜!!」

と言っているような感じの(失礼な事言って本当にスミマセン
とっても明るい雰囲気の親しみあふれる大権現様で、

そんなお姿を拝見し、肩の力がスッとぬけ
なんだか、とてもハッピーな気持ちになれました


しかし、大権現様までの距離が意外とあって、
表情がよく見えなかったのだけが
ちょっぴり残念ではありました。



ご開帳期間中は、御本殿の大権現様からヒモで結ばれた、
「蝕拝命柱(しょくはいみことばしら)」が本殿横に立っていて、
この柱を触ることで、ご神徳を頂くことができます。


酉年大祭蝕拝
私も触らせて頂きました



そして、この日引いたおみくじは、
なんと番号1番の「大吉!」

さらに幸福感UPです。


御嶽おみくじ

「願事も叶い、全ての事がうまくいくが、
自分の力量以上に願う心に注意しないといけない」

やはり、「あるがままを受け入れる。」大事ですね。
望みすぎる事は、苦しみの元。
気をつけたいと思います。

御岳の神様、有難いお言葉をありがとうございました。



酉年ケーブルカー

行きは歩いて登りましたが、
帰りはケーブルカーで下山しました。


ケーブルカー駅の土産コーナで、
赤いパッケージの「御嶽汁」が目にとまりました


小澤酒造の『酒粕』と青梅産の豚肉『青梅豚』を使用した、
東京奥多摩ご当地グルメ「御嶽汁」をフリーズドライにしたもので、
4月から新発売されたそうです。

私も試しに、家族分買って家で飲んでみました。


御嶽汁

具もパッケージに負けず劣らずたくさん入っているし、
酒粕の風味がすごく効いていて美味でした。




今回の「御嶽蔵王大権現」ご開帳ツアー、
とても有意義な1日でしたが、

私自身行ったのが大祭終了間際で、
しかもブログにもすぐ上げられず、
ご開帳終了後のお知らせになってしまい
すみません。


今回逃してしまった方、少し先ではありますが、
12年後の酉年ご開帳をお楽しみに!

私も12年後、また行きたいと思います




夜桜



夜桜観に行ってきました!
ライトアップの中の桜吹雪もイイですね



夜桜






桜のジュータン


青梅の桜も満開を迎えていますが、
今週末はあいにくの空模様になってしまいましたね。

今年のお花見は、
通りすがりに眺めるお花見しかできなかったのですが、

今日は、用事で行った自治会館前の公園の桜がキレイだったので、
お花見しながら帰ってきました。


IMG_3238.jpg


ソメイヨシノより濃いピンクの桜がもう散り始めていて、
道が花びらのジュータンになっています。


私は今年度、自治会の女性部の役を受けていて、
ここ毎週末、自治会館に行っているのです。
今日は会館の清掃でした。

こんなキレイな桜も見られてラッキー。


先週は、新町御嶽神社の御神木の
しだれ桜も満開になっていましたね。

ライトアップもされているという事なので、
今日の夜にでも見に行こうかと思っているのですが、
この雨で花はどうなっているかな?


暖かくなってきて、
花や木の変化も楽しみな季節ですね。






御岳山へ しかし雪が…


今年は仕事始めが早かったせいもあり
少し遅くなってしまいましたが、

先週末、御岳山山頂にある
「武蔵御嶽神社」へ新年のお参りに行ってきました。


御岳山の上から
(展望台からの景色)


神社も修復が終わり、
とても綺麗になっていました。


御嶽神社修復後
(武蔵御嶽神社 拝殿)



今回も奥宮まで行こうと
意気込んでいたのですが、

…まさかの積雪


奥宮への道


神社周辺は大丈夫だったのですが、
奥宮に向かう道には雪が残っていて、

なんとかなるかなー
と、歩き始めましたが、
この日は、最強寒波が来ている日。

雪というよりも氷になっていて、
もう、ツルッツルッに滑ります。


入り口でこうなら、
山の奥はどうなってるのー!?

と、不安になり、あえなく断念。。。



家に帰って、御岳山の情報サイトを見たら、

山中には1/8〜9の降雪が固くなって残っており、
登山には軽アイゼンなどが必要です。」

と、載っていました

先週雪が降り、30センチ積もったそうです。


低い山といえども、山に行くときは、
ちゃんと情報を確認してから向かうのが
基本中の基本ですよね。

肝に命じました。



気を取りなおし、
帰りがけに、日の出にある「つるつる温泉」に寄り、
冷え切った身体をしっかりと温めてきました。


ここの温泉は、その名の通り、
お肌がつるつるになるような感じで気持ちいいのですが、

お湯だけでなく、
食堂の食べ物もとても美味しくてオススメです。


今回私が食べたのは、
つるつる温泉名物の「赤いうどん」です。


赤いうどん


つゆが、とろとろとしたトマトスープになっていて、
中に入っている、ナゲット風の鳥のから揚げと、
レタスとも相性抜群でした!

程よいコクと酸味で、とても美味しかったです。

お腹の中からもホカホカです。



寒い季節、ぜひ冷えた身体とお腹を温めに、出かけてみて下さい




武蔵御嶽神社 奥の院


先週末は、久しぶりに土日共、晴天に恵まれましたね!

私は、雨で延び延びになっていた、御岳山へようやく行くことができました。


今回は、武蔵御嶽神社参拝のあと、「奥の院」へ行ってきました。

奥の院へは、「天狗の腰掛け杉」の横にある鳥居をくぐって進んで行きます。


御岳奥の院入り口
(天狗の腰掛け杉)


御岳奥の院への道

↑こんな感じの山道を通って、神社から50分程歩くと「奥の院」に着きました。
(途中、結構坂がキツイところもあって、無の状態になれます。)



御岳奥の院

この赤い祠は、全くもって奥の院の佇まいなのですが、
本当の奥の院の祠は、さらに上にあります。

案内も出ていなくて、私も本で見ていなかったら絶対に気付きませんでした。


赤い祠の左脇の所から、道?とは言えないような坂道をよじ登るように上がっていくと、狭いですが広場のようになっていて、
そこに、「奥の院」がひっそりと佇んでいました。



御岳奥の院1
(武蔵御嶽神社 奥の院)

識子さんによると、こちらの神様は「山岳系」の神様なので、
お願いは何でもして良いそうです。




この場所は木々に遮られていて、残念な事に展望は良くないのですが、
ここは「空」が美しいところだそうで、
ならばと、私も空を眺めてみました。


御岳奥の院空



美しく晴れ渡った空をぼんやり眺めていたら、
文字通り晴れ晴れ〜とした気持ちになって、
小さな悩みなんかは、スーッと青空に吸い込まれていきますね。

穏やかで軽やかな御岳の「氣」に包まれて、
私の心身も、穏やかで軽やかになれた気がします。



「空の青さにスーッと自分を溶け込ませていく。」

その様なイメージトレーニングをしていくと、
煩悩から解放され、ストレスも解消されて
心がかるーく楽になっていくそうです。

青く美しい空を見たら、ぜひやってみて下さいね!



今回も、楽しい山歩きでしたが、
御岳山へ行くと、私はいつも
心身がクリアになって、とても元気になれます。

皆さんにとってヨガ教室が
その様な場所になってもらえたらと思っています。




修復中


武蔵御嶽神社の拝殿は、未だ修復中でしたが、
11月8日が工事完了予定で、
お正月には完全に修復が終わっています。と、
神社の方がおっしゃっていました。






プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR