第5チャクラ(ヴィシュッダ・チャクラ)


最近「喉」の調子はいかがですか?

今回は、下から5番目、喉にある
「第5チャクラ」です。


チャクラを知ることは、宇宙を知ることであり、
自分を知ることにつながります。


チャクラからヒントをもらい、
よりよい方向に進んでいきましょう


《第5チャクラ》

ヴィシュッダ・チャクラ
(スロート・チャクラ)


  場 所:喉のあたり
キーワード:コミュニケーション、自己表現、言葉、音     

チャクラカラー:明るい青
関連する五元素:


チャクラ



第5チャクラは
音とコミュニケーションの世界。

「のどを開いて歌を歌う。」
「感謝の言葉を声に出す。」


これが第5チャクラの「お掃除」になるそうです。



第5チャクラは
下位のチャクラが司る「本能や感情」と

もっと上のチャクラが司る
「ヴィジョン、思考、知識、理解」を
結びつけてくれます。

つまり、「感情的な部分」と「知的な部分」の架け橋であり
融合したエネルギーの“表現の場”となるチャクラです。



第5チャクラのサンスクリット語の名前は
「ヴィシュッダ」といい、
「純粋」という意味です。

健康で調和のとれた第5チャクラは、
コミュニケーションの質と純粋さを高めてくれます。


自分の純粋さに従った自己表現をしていくことで
後悔や苦悩といった代償からも解放され、
「自分らしく生きている」という喜びに満たされていきます。


自分自身に誠実に生きていくこと。
それが第5チャクラをヒーリングする一番重要な部分です。



第5チャクラが程よく活性していると・・・

・ 話し上手、聞き上手になる
・ 美しくポジティブな言葉づかいになる
・ 自由に自分らしく生きていける
・ 話す仕事、書く仕事など、芸術の分野に秀でる
・ 言葉が力を持ち、言ったことが実現する


逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 言葉で人を傷つけ、傷つけられる
・ 感情表現ができない
・ 閉塞感、不自由さを感じる
・ 口数が多すぎたり、独断的になりがちに
・ 喉、首、肩、甲状腺のあたりに不調があらわれる


と、いわれていますが、
思い当たることはありましたか?



第5チャクラを健康にするには…

「美しくポジティブな言葉(言霊)を使う」こと。

聞いて嬉しくなり、口に出すと力がわく
美しい言葉を喉から発しましょう!

喉を清めるような効果があるそうです。


そして、
「好きなこと(したいこと)を楽しんでする」

行きたい場所に行く。着たい服を着る。
演奏をする。ダンスを踊る。
大きな声で歌う。胸の内を話す。
耳に心地よい音を聞く。
思いのままに絵を描く。
やりたいことをノートに書く。
ずっとやりたかったことを行動に移す。



本当に望んでいることを声に出し、
自分の全細胞に聞かせるように宣言しましょう!

それが第5チャクラの癒しともなり、
自己表現をスムーズにしてくれます。







参考図書:「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
           /ブレンダ・デーヴィス 著」
     「はじめてチャクラの本/八尾こと葉 著」

第4チャクラ(アナーハタ・チャクラ)



今日は、久しぶりに「チャクラ」の話を。

今回は下から4番目の「第4チャクラ」
(アナーハタ・チャクラ/ハート・チャクラ)です。


チャクラは、その働きから
「エネルギーセンター」とも呼ばれています。


伝統的に知られている7つのチャクラには、
それぞれに司るテーマがあり、

心身の健康状態や人間関係などを左右する
重要なポイントとなります。


チャクラを知り、そのエネルギーを整えて、
自分の奥底に秘めているものを開花していきたいですね。



《第4チャクラ》

アナーハタ・チャクラ
ハート・チャクラ


  場 所:胸、心臓のあたり
キーワード:愛、包容力、受け入れる力、許し、調和

チャクラカラー:きみどり(またはピンク)
関連する五元素:



チャクラ


第4チャクラが象徴するのは、
『愛』というエネルギーの無限の可能性。


ここでいう愛は、宇宙レベルの大きさの愛です。


自分を慈しみ、他人と愛ある関係を作ることで、
人間的にも霊的にも成長し、
発展するチャンスを作るのが、
このチャクラの働きであり、豊かさです。


人には背骨にそって、主要なチャクラが7つあると言われていますが、

この4番目のチャクラはちょうど7つのうちの真中にあり、
霊的な上昇において要となる大切なチャクラです。


第4チャクラより下にあるチャクラは、
私たちの人間性をしっかりと支え、
上にあるチャクラは、私たちを霊性の世界へと導きます。

ですから、第4チャクラ(ハートチャクラ)は、
地上の世界と、天上の世界を結ぶ
架け橋のような存在となります。



第4チャクラのエネルギーが高まると、
いわゆるオープン・ハートの(心が開いている)状態に。


慈愛の力で人を受け入れ、愛せるようになり、
精神的にも安定してきます。

見返りを求めない無償の愛です。

(しかし「開きっぱなし」というのも問題があるようです。)


また逆に、第4チャクラのエネルギーバランスが崩れていると、
自分に必要な愛を外に求める傾向に。

自分以外の人に頼り、頼られる依存関係などに陥りがちです。


また、過去のつらい感情が癒えていないと、閉じぎみになります。


落ち込むと浮上に時間がかかり、
人の愛や好意が深いところで信じられなくなってしまいます。

そうならないために、
毎日努めて感謝できることを探していきましょう。



第4チャクラが程よく活性していると・・・

・ 自分や人を丸ごと愛せる(無条件の愛)
・ ゆるしや哀れみの心がある
・ 心に安らぎがある
・ 人間関係に対して柔軟
・ 真のパートナーシップを結べる

逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 人を過剰に警戒する
・ 疑り深い
・ 条件つきの愛、独占的、依存的(共依存)
・ 素直に感情表現しないか、大げさに
・ 孤独感が強く、一人だと感じる



このチャクラが乱れていると
胸を閉ざしているために姿勢も悪くなります。


理由もなく自分に自信がない。
何をやっても自分だけ損をしている。

そんな気持ちが芽生えたら、
「愛のチャクラ」である第4チャクラが
エネルギー不足かもしれません。



このチャクラと関係のある感覚器官は「触覚」です。


もし愛のエネルギーが不足しているなと感じたら、
タッチケアなど、「触覚」を意識しながらの
チャクラ・ヒーリングがオススメです。


撫でる、触れる、握手、マッサージをする。

家族、友人、ペット、お気に入りの石や小物、
もちろん自分自身の体でもOKです。


目を閉じ、手のひらで感じる、
心地いい感触に意識を集中させると、

とても癒され、穏やかな気持ちになり、
ハートチャクラにエネルギーが
充電されていくのがわかると思います。


また、ハートチャクラのある胸に手を当て、
心臓の鼓動を感じながら、ゆっくりと呼吸をして、
胸の奥にある、静けさ、調和を感じてみましょう。

宇宙の大いなる愛のエネルギーと一体であることに気づき、
心に深い癒しが訪れることでしょう。


愛のエネルギーで、
自分を慈しみ、人と愛ある関係を作り、
人間的にも霊的にも、共に成長していけたら最高ですね。





参考図書:「魂からの癒し チャクラ・ヒーリング
           /ブレンダ・デーヴィス 著」
     「はじめてチャクラの本/八尾こと葉 著」


第3チャクラ(マニプーラ・チャクラ)


梅雨真っ只中で、この季節は、
太陽の光が少しでも差すと、有り難く感じますね。

昨日の生活クラブセンターでのイベント
「ウキウキマルシェ」は、お天気にも恵まれ、
お陰様で大盛況でした。

来てくださった方、スタッフの方々、
本当にありがとうございました。


そして今回は、太陽と関連の深い
「第3チャクラ」の話をさせて頂きます。


《第3チャクラ》

マニプーラ・チャクラ
ソーラー・プレスサス・チャクラ


場所: みぞおち 太陽神経叢(たいようしんけいそう)
キーワード: 意志、自尊心、消化

チャクラカラー: 黄色
関連する五元素: 


チャクラ



「腹が立つ」「腹を決める」「腹を割る」などの言葉があるように、
腹、みぞおちにある第3チャクラは、
意志や感情と密接に関わっているところです。


ストレスがたまると胃が痛くなるという人も多いですよね。

みぞおちのあたりに位置する第3チャクラは、
胃をはじめとする多くの内臓の健康にも関わっていて、
ストレスに敏感に反応するセンサーでもあります。


心とからだは繋がっていますから、
怒りをはじめ、不安、心配、恐怖などの
マイナスの感情を「腹」にためていると、

センサーが反応し、
胃など、体に痛みとなって現れます。


痛みは、チャクラや体からの「SOSサイン」です。


チャクラや体からのメッセージに耳を傾け、
湧き上がってくる感情を静かに観つめていきましょう。
(マインドフルネスです!)

そして、その感情を一度受け入れ、
その感情を否定したり、避難したりせず、

古い感情を吐く息とともにさよならする気持ちで、
穏やかに呼吸を続けてみて下さい。

ストレスが改善され、立ち直れたら、
その経験を、他者への理解を深めるために使えたらいいですね。



第3チャクラは、別名、
「太陽神経叢のチャクラ」とも言われています。


「太陽神経叢(たいようしんけいそう)」は、
自律神経や血管が、まるで太陽の光が四方八方に
広がるように集中しています。


ですので、内臓全般の健康を司るところであり、

また一方で、幼い頃に傷ついた感情や
思うような愛が得られなかった事に関する怒り、
感情(インナーチャイルド)などを浄化するとき、
ポイントとなるチャクラです。


自分らしさを発揮させる場所でもあります。



第3チャクラが程よく活性していると・・・

・ 感情に振り回されない
・ 自由さや無邪気さがある
・ 柔軟性が生まれ、変化を受け入れられる
・ 意志の強さや、ねばり強さが出てくる
・ 胃の消化力が高まる

逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 人の意見や批判を気にしすぎる
・ 感情の浮き沈みが激しい
・ 集中力が低下し、ストレスもたまりがちに
・ 自己肯定感が低い
・ 消化不良をおこしたり、また、食べ過ぎや摂食障害につながることも


「火」のエネルギーを消さないよう温かく、
消化のよい食事に気をつけることも第3チャクラを元気にさせます。


また、第3チャクラが司る自尊心を育てるには、
まずは自分自身へのダメ出しを控えることだそうです。


別名「太陽神経叢」のチャクラですから、

自律神経のバランスが乱れている時や、
お腹にウツウツイライラとした感情がたまっている時など、

ぜひ、お日様にあたり、ひなたぼっこをしながら、
第3チャクラをヒーリングしてみて下さいね。

きっと第3チャクラにエネルギーが満たされ、
心もからだも元気になることでしょう


(はじめてチャクラの本/八尾こと葉 より一部抜粋)



第2チャクラ(スヴァディシュターナ・チャクラ)


立春が過ぎ、春が近づいてきましたが、
今日も雪まじりの冷たい雨が降る寒い1日でしたね。
風邪を引かないように気をつけましょうね。

今日は前回に続き、下から2番目の第2チャクラの話を。


《第2チャクラ》

スヴァディシュターナ・チャクラ
セイクラル・チャクラ


場所: ヘソの下約8センチのところ 骨盤内 子宮のあたり
キーワード: 自己信頼、社会性、自立心、性的魅力

チャクラカラー: オレンジ
関連する五元素: 


チャクラ


第1チャクラで内面の安定を得て、しっかりと自分との関係が築けたら、
今度は外に目を向け、人との関係を形作る番です。

外に目を向けて、世界と私たちの関係を見つめ、
家族の中、社会生活の中、そして地球家族の一員として
楽しむためのエネルギーを司るのが第2チャクラです。


第1チャクラが基本的に生存、安定、グラウディングを司っているのに対し、
第2チャクラが司るのは動き、柔軟性、そして流れです。

第2チャクラの輝きは骨盤内を満たし、生殖器官を光で包み、
欲望と喜びを感じる能力を活性化します。



第2チャクラが程よく活性していると・・・

・ バイタリティーや社会性がある
・ 自分に自信が持てる(自己肯定力が高い)
・ 性的な魅力を備えている
・ 周りの変化を楽しく受け入れられる。
・ 温かみやユーモアがある

逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 情緒が不安定
・ 自分に自信が持てない(自己肯定力が低い)
・ 愚痴や泣き言が多い
・ 問題の要因を外に求める
・ 性的な不能、不感症
・ 便秘や生理不順など骨盤まわりのトラブルがある



もし、第2チャクラが不安定だな、エネルギー不足だな・・・
と感じた時は、



イメージカラーであるオレンジの「明るさ、陽気さ」のエネルギーを取り入れて、気持ちを明るく前向きにシフトチェンジ。

大笑いすることもエネルギーを高めます。

骨盤内にあるので、骨盤をゆさぶるエクササイズも効果があります。


また、第2チャクラは「水」の要素を持ち、「流れ」とも関連するので、川や海へ出かけてみたり
「水」をイメージするのもオススメです。


「上善水のごとし」という老子の言葉がありますが、

「こうでありたい」「こうでなければ」「どうせ私なんか」という、
心の中に「氷」のように固まった苦しい意識があるならば、

それらを溶かし、流れる水のごとく」
「器により柔軟に姿を変える水のごとく」
心を自由にすると、

今いる場所や関わる人にも柔軟に対応でき、
滞って行き詰まっていたものも流れ出し、
自分の中に流れという「勢い」が生まれ、

バイタリティーさや自信、社会性などの、第2チャクラのパワーが前面に出てくるかもしれませんね。


*************


第2チャクラの「人間の成長にまつわるテーマ」は、
「関係性やつながりを認識すること」


第2チャクラの領域は、8〜14歳


誰かとの関係の中で自分という存在を認識し、自己信頼や自信を養い、社会の中での自分(自我)を確立する時期。

母と自分、兄弟と自分、友人と自分といったマンツーマンの関係から、家族、学校、職場、地域、国といったコミュニティとの関係にも向きあうことに。

あらゆる関係において和を実現し、自分も他人も同じように大切だと認識するのが、このチャクラが司るチャレンジであり、豊かさです。

(はじめてチャクラの本/八尾こと葉 より一部抜粋)


第1チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)


昨日は雪が降って寒かったですね
積雪も東京はたいしたことなく終わってよかったです。

今回は「7つのチャクラ」のうちの一番下の根っことなる
「第1チャクラ」
のことを。


《第1チャクラ》

ムーラーダーラ・チャクラ
ルート・チャクラ 


場所: 尾てい骨 肛門と生殖器の間
キーワード:安定感、生命力

チャクラカラー: 
関連する五元素: 


チャクラ



主要な機能は、私たちを物質界にグラウディング(自分を地球としっかりつなげ、安定させること)させ、生存させること。

このチャクラの中には、女神クンダリニーが眠っていて、
クンダリニーの覚醒により、超能力、潜在能力などが活性化するといわれています。


第1チャクラが程よく活性していると・・・

・ 健康的でエネルギッシュ
・ 人生や生活にやる気や意欲が出る
・ 地に足がついた考え方と行動ができる
・ 精神的に安定して、信頼される人に

逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 意欲がわかず、やる気が出ない
・ 体に不調や冷えが出る
・ お金や仕事に困った状況が生まれる
・ 注意力が散漫に(転ぶ、事故、ミス)
・ 肉体的、情緒的な安心感が欠如

と、いわれますが、思い当たることはありましたか?


もし、第1チャクラが不安定だな、エネルギー不足だな・・
と感じた時は、

下半身を意識して、しっかりと足の裏を地面につけ、
ヨーガのポーズ(山のポーズや戦士のポーズ)をとったり、
ウォーキングをしたり、掃除をしたり・・・
(肉体と関連しているので、筋肉(特に下半身)を使うと効果的)

また、赤い洋服や小物を身につけてみたり、
赤い食べ物や花を飾って、
視覚からエネルギーを入れていくのもオススメです。

ただ、「赤」のエネルギーは強いので、過剰になると、
「やる気」を通り越して「怒り」なってしまうので注意が必要だとか。



7つのチャクラは、それぞれが「人間の成長にまつわるテーマ」
を象徴しているとも言われていて、

第1から第7チャクラに向かい、年齢(7歳ごと)に移っていくという説があります。

「誕生」から、「悟りや自己実現」という目標に向かって階段を一段一段登っていくイメージです。


第1チャクラの領域は、0〜7歳。

赤ちゃんは親に抱かれ、欲求を満たしてもらうことで安心感を得ます。
また、家族の属するコミュニティが持っている意識や信念が、胎児のうちからすり込まれます。

仮にこの時期に、歓迎されて生まれてきたこと、愛されていることが十分に感じられなかった場合は、家族間の不和や健康問題という形になって、

「私は生きていていいのかしら」「生きる価値があるかしら」という課題と取り組むことになります。

もちろん、誰にでも生きる価値があります。
それを実感し「生きていていいのだ」「生きるって素晴しい」と認識し直すのがこの領域で得られる豊かさなのです。

(はじめてチャクラの本/八尾こと葉 より一部抜粋)



私たちの基盤、根っことなる大切な「第1チャクラ」

しっかりと地に足をつけ、
先のことを思い悩まず、意識を「今ここ」に。

深い呼吸をして、
肉体のある喜び、命のある喜びを感じましょう



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR