ラージャ・ヨーガ その7


「ラージャ・ヨーガ」とは、
ヨーガ・スートラ(聖典)に記されている
八支即(アシュ・タンガ)に沿って修行を積み、
三昧の境地へ向かっていく。という伝統的修行法ですが、


今回は、ダーラナ(集中、凝念)に続き、
第7段階目の「ディヤーナ(静慮、禅那)」です。


「その対象物に対する想念が、一つの不断の流れとなっているのがディヤーナ(静慮、禅那)である。」ヨーガ・スートラ3章−2

(訳)
「心(想い)が、眉間、胸の奥、というような、ある特定の箇所(対象物)に集中しようと努力し、そして心がその箇所(対象物)を通してのみ感覚を受け、他の箇所からは受けないようになっている状態が「ダーラナ(集中、凝念)」であり、
そして、心(想い)が自らを、しばらくの間「ダーラナ(集中、凝念)」の状態に保つことに成功したとき、それがディヤーナ(静慮、禅那)とよばれる。」


よけい難しくなってしまった感じですが…

要するに、
瞑想の時、これを見続けようと決めたものだけに集中でき、
その状態が続くことをディヤーナと言います。



スワミ・ヴィヴェーカナンダ大師
「ラージャ・ヨーガ」より一部抜粋

(下の写真の本です。)
 
人間が生きる目的とは、内なる神性を顕していくことである。

それは、外界における経験と、
内界(心などの内面の世界)における経験とを
制御することで達成できる。

つまり、外界の経験はプラティヤーハーラで感覚器官の働きを制御し、
内界の経験(過去の記憶や未来への思い)はダーラナとディヤーナで制御する。

心が内外のある場所に集中し続けるよう訓練されると、
その一点に向かって不断の流れとして流れ続ける力がつく。

この状態がディヤーナと呼ばれるものである。

ディヤーナの力が非常に強くなって、外界からの知覚情報をしりぞけ、
内界に存在するものの意味だけを瞑想し続けられるようになる。

その状態が「サマーディ(三昧)」である。

この瞑想状態は、人間存在の最高の状態である。
その時はじめて魂は永遠に解放されるのだ。




全てのこだわりから自由になり、
自分の中にある「神性」を顕していくことが、
ヨーガのゴール。

神性とは何でしょうか。

神性とは、
永遠に変わることのない自分の本質です。

本当の自分。
ヨーガでは、真我(アートマン)といいます。


私たちには、たくさんのこだわり、煩悩があるせいで、
本質ではない、有限のもの、移り変わっていく世界の中で、
快楽を求め、そして、苦しみます。

常に移り変わる「肉体」と「心」は、本質ではありません。

外界からの刺激に喜んだり悲しんだりする
「肉体」や「心」に毎日忙しくしていては、
神性を顕すことはできないままです。

ですから、揺れ動く心の波を静め、
内なる神性へ一直線に進めるよう瞑想の練習をします。


真の幸福は、
自分の中に、もうすでにあるといいます。

そこへ少しずつでも近づいていきたいですね。



ラージャ・ヨーガ



次回は、いよいよ最終段階!
瞑想が深まり、超意識状態となる「サマーディ(三昧)」です。


つづく





ラージャ・ヨーガ その6


「ラージャ・ヨーガ」は、
ヨーガ・スートラ(聖典)に記されている
八支即(アシュ・タンガ)に沿って修行を積み、
三昧の境地へ向かっていく。という伝統的修行法ですが、


今回は、前回の制感(プラティヤーハーラ)に続き、
第6段階の「ダーラナ(集中、凝念)です。


いよいよ、ラージャ・ヨーガの本命の部分、
心を扱う「瞑想」に入っていきます。

ヨーガ・スートラも、ここから第3章に入ります。



ヨーガ・スートラには、
「ダーラナ」のことが以下のように記されています。


「ダーラナ(集中、凝念)とは、心を特定の場所に縛りつけることである。」ヨーガ・スートラ3-1

(訳)
「ダーラナ(集中、凝念)とは、心を一つの対象に集中させ、
心が動かぬように固定することである。」



深い瞑想をするためには集中力が必要ですが、
ダーラナは、その集中力を高める練習です。


1つ前の段階の「制感(プラティヤーハーラ)」は、
自分の感覚や感情による反応を、客観的に眺めていきましたが、

ダーラナはそれとは反対に、
積極的に、自主的に、

特定の場所(例えば…眉間、胸の奥など身体の一部、
山や木、人物などの外界のもの、
あるいは、音(マントラ)や形(シンボルマーク)等
の中から、

一つの対象を選び、そこへ心を集中させる心理操作になります。



「心」は、たくさんの考えで出来ていて、
たくさんの考えが常に流れ続けている状態にあります。

パラパラ漫画をイメージすると分かりやすいかもしれません。

絵を集めてパラパラめくると、絵は動き流れるように見え、
滑らかな動画のように見えます。

考え(絵)が集まり、パラパラめくるように流れる事が、
心の独特の動きとなります。


そんな心の動き、考えの流れを、
意思(マナス)により一つの対象につなぎとめ、

「同じ絵」の考えが流れ続けるようにしておく事が、
ダーラナ(集中、凝念)であり、
ダーラナ(集中、凝念)する事で瞑想ができるのです。



一つの対象を写した考えを流し続けていたはずなのに、
他の対象が考えに写りこみ、
考えがそちらに引っ張られてしまう事を、
「雑念」と言います。

また考えがタマス(鈍性)な状態になり、
何の対象も写さずに流れてしまう事を、
「眠り」と言います。

(眠っていても、考えの流れは止まることはありません。)


瞑想中に、「雑念」や「眠り」に惑わされないように、
ダーラナ(集中、凝念)をして、
心を一つのことに集中させ、心が動かないように固定します。


ダーラナ(集中、凝念)ができるようになると、
ディヤーナ(静慮、禅那)と呼ばれる状態になります。

さらに瞑想が深まると、
サマーディ(三昧)の境地に入っていきます。



次回は、意識が一定の流れを保ち続けている
第7段階の「ディヤーナ(静慮、禅那)」です。




ラージャ・ヨーガ


つづく



参考図書:やさしく学ぶYOGA哲学ヨーガ・スートラ(向井田みお)








ラージャ・ヨーガ その5


「ラージャ・ヨーガ」は、
ヨーガ・スートラに記されている
八支則(アシュ・タンガ)に沿って修行を積み、
三昧の境地へ向かっていく、という修行法ですが、


今回は、前回のプラーナーヤーマに続き、
第5段階の「制感せいかん(プラティヤーハーラ)」です。

今回は、少し心の方に入っていきます。


私たちには、「視、聴、嗅、味、触」という五つの感覚、
いわゆる「五感」というものがありますが、

この感覚器官を制御(コントロール)する。
というのが、制感(プラティヤーハーラ)の目的です。


「制感(プラティヤーハーラ)」で、
感覚に振り回されない意志の強さを作っていきます。



私たちは、五感を通して外の情報を取り込み、
(あ!美味しそうなパン屋さん!いい匂い〜!)
データを認識し、
(そういえばお腹が減ったな〜)
行いを決断します。
(買って帰ろう!)

このように、という感覚器官で外の状況を把握し、
その情報に対して、どう行動するかを、
知性(理智)が決定します。


この時、知性(理智)が正常に働けばいいのですが、
感覚器官から得た情報に異常に反応し、その欲望と化した感情に負け、
知性(理智)の声が聞こえず、感情の赴くままに行動してしまうと、
思わぬ失敗をしてしまいます。


例えば、(パン屋のたとえ話が続きますが…)
パンを購入し、意気揚々と歩いていたところに、
さらに美味しそうなパン屋に遭遇してしまった。
(こんな美味しそうなパン、初めて見るー!)
もう既に買っているにもかかわらず、
食べたい!という欲望に負け、買ってしまう。

…パンなら、冷凍しておけばまた食べられますが、
欲望の赴くまま、感情の赴くままに行動してしまい、
取り返しのつかないような失敗をした例は、誰もが持っていると思います。

その失敗をしないためのトレーニング法が、
この制感(プラティーヤーハーラ)です。


やり方は、
「五感からの情報に対する心の働きを静観すること。」


パン屋の例で言えば、
「なんて美味しそー!」「あー!食べたいー!」
という心の働きを、冷静に、客観的に眺める。

そして、
食べたい〜!という欲望に心を占拠させず、
どうすると今はBestなのかを、知性(理智)に判断を委ねていく。


このように、感覚器官から受け取った情報を、
「冷静に客観的にありのままを観ていく」という、
感覚に振り回されない練習をしていくことで、
感情的、衝動的な行動がグッと減っていくのです。



「ヨーガ・スートラ」には、
制感(プラティヤーハーラ)に関して、以下のように記されています。


「諸感覚器官がそれぞれの対象に結びつかず、あたかも心素(チッタ)自体に似たものの如くになるのが、制感(プラティヤーハーラ)である。」ヨーガ・スートラ2-54

「これによって、諸感覚器官に対する最高の支配が生ずる。」ヨーガ・スートラ2-55

(訳)
五感で感じる対象物に心が振り回されず、感覚の動きとその対象どちらに対しても、心が静かであることを制感(プラティヤーハーラ)といいます。

プラティヤーハーラ(感覚や行動に引きずられない)の練習によって、感覚を意志で完全に収めることができるようになるのです。



第1段階の禁戒から始まり、制感に至るまでの5部門は、
ヨーガの外的部門と呼ばれています。

これまでの5部門は、外部的条件を整える準備段階に過ぎず、
いよいよこの後、ラージャ・ヨーガの本命の部分、
心を扱う「瞑想」に入っていきます。

次回は、心を一点に集中させる
第6段階の「集中(ダーラナ)」です。



ラージャ・ヨーガ


つづく




ラージャ・ヨーガ その4


「ラージャ・ヨーガ」は、三昧の境地へ辿り着くため、
8段階ある修行を積んでいきますが、

今回は、ヤーマ・二ヤーマ、アーサナに続き、
第4段階の「プラーナーヤーマ(調気法)」です。


プラーナーヤーマ(調気法)とは、
「プラーナ(氣)をコントロール(制御)していく」
という意味です。


プラーナ(氣)をコントロールするための方法として、
「呼吸」を使います。


「呼吸」によりプラーナをコントロールすることで、
自然治癒力を高め、肉体を健康にし、
そして精神性を高めていきます。


そして、最終的には、宇宙にあまねくプラーナをも
コントロールしていくというのが狙いです。


(プラーナとは、全てのものに存在する生命エネルギー(氣)のことです)



ヨーガ大全には、60種類もの調気法が載っていますが、

中には、やり方を間違えると死に至るような
とても危険なものもあるそうです。

それだけ、心身に作用するということですね。



ヨーガ・スートラ(聖典)には、

「さて、座り方が整ったところで調気を行ずる。
 調気とは、荒い呼吸の流れを断ち切ってしまうことである。」
スートラ2-49

と、あります。



プラーナ(呼吸)の動き、心の動き、肉体の動き、
この3つは、密接に関わっています。


自律神経の働きや、ホルモンの分泌など、
体の働きを自分でコントロールすることは困難です。

また、怒りや興奮、落ち込みなどの心の状態を
落ち着かせるのもとても難しい作業です。

でも「呼吸」は、吸ったり吐いたりを、
意志によってコントロールすることが簡単に出来ます。


だから、「呼吸」を意図的に変えて、
体と心の状態を変えていきます。



「調気は出息と入息と保息からなり、空間と時間と数とによって測定され、そして長くかつ細い。」スートラ2-50

「第4の調気は、外部及び内部の測定対象を充分に見極めた後になされる止息である。」スートラ2-51

「調気法を行ずることによって、心の輝きを覆い隠していた煩悩が消え去る。」スートラ2-52

「その外、意(マナス)がいろいろな凝念(ぎょうねん)に耐えられるようになる。」スートラ2-53


荒く不規則な呼吸を意図的に変えていくと、

吐く、吸う、止めるという呼吸の活動が、
細く長く、ゆっくりとなっていきます。

そして、呼吸が止まっているかのような状態が、
第4の呼吸と言われるものです。

(深—い集中状態になっているということですね。)

調気法を行うことで、
心の輝きを覆い隠していたマイナスの感情も消え去り、
心は澄んだ湖面のようになっていきます。

そのように心が安定していると、
深く自分の奥にある静寂に至りやすくなっていくのです。

と、いうことが書かれています。


ラージャ・ヨーガにおけるプラーナーヤーマ(調気法)は、
深い瞑想をするための準備ですね。

呼吸を調え、次は、感覚のコントロール
第5段階の制感(プラティーヤーハーラ)へと続きます。


つづく




ラージャ・ヨーガ その3


今回は、ラージャ・ヨーガ修行の第三段階
「坐法(アーサナ)」です。

ヨーガのポーズの部分で、
世間一般的に「ヨガ」と言われている部分です。


ラージャ・ヨーガは、深い瞑想から
悟りの境地に達していく修行法なので、
深い瞑想をするために、疲れることなく
長い時間座っていなくてはいけません。

本にも、「ヨーガを修行する者ならば、
少なくとも3時間は、一つの坐法で
無理なく座り続けられなければならない。」とあります。

3時間でも長いと思ってしまいますが、
本場の行者さんは、3日以上も、飲まず食わずで、
瞑想をすることもあるそうです。

すごい精神力ですよね!


長い時間座り続けるには、強靭な体力が必要で、
そのためのアーサナなのです。



ヒマラヤで修行をされた木村先生がおっしゃるには、
過酷な環境のストレス下での修行を行うために
ヒマラヤではアイソトニックやアイソメトリックなどの、
筋肉を強化させるアーサナを主に行うそうです。

「今、下界でしているようなストレッチのヨーガじゃ
ヒマラヤでは生き残れないから!」
と、よくおっしゃっています。


私達は、ヒマラヤでの修行はしないかもしれませんが、
下界で暮らすにあたっても、筋肉があった方が
疲れにくくストレスに強い身体になっていくので、
筋肉を強化するアーサナもドンドン取り入れていきましょうね!



と、本題からちょっとズレてしまいましたが、

つまり、ラージャ・ヨーガにおけるアーサナは、
長く深い瞑想を行うための「からだ作り」ということであり、

「ヨーガ・スートラ」で記されているアーサナは、
瞑想での「座りかた」のことにあたります。



「ヨーガ・スートラ」におけるアーサナの記述は、

スートラ2-46 
「坐法(アーサナ)は安定して、快適なものでなくてはならない」

スートラ2-47 
「弛緩(シャイティリヤ)に努め、無辺なるもの(アナンタ)に入定(サマーパティ)することで、坐法に熟達する。」

スートラ2-48 
「その時、二極の対立物(ドゥヴァンドゥヴァ)によって害されない。」



ちょっと難しい表現ですが、わかりやすく言うと、

瞑想の時の座り方は、
安定して快適なものでなくてはいけません。

リラックスしながら、小さな自分だけの世界観から離れ、
無限に広がる、大いなる存在に心をつなぐことで、
体は落ち着き、心も安定してきます。

その様な、安定して快適な状態で瞑想をしていると、
「暑さ・寒さ」「快・不快」「喜び・悲しみ」という
両極端の現象や感情に、苦しみ悩むことがなくなります。

という意味です。



体と心は繋がっていますから、
体を整えることで、心も安定し、
より深い瞑想に入ることができ、

深い瞑想に入れることで、
またさらに心の悩みから解放され、
小さな考えに囚われない、
自由で大きな意識の中にいけるということですね。


現代、アーサナは、健康・美容の観点で
大きく注目されていますが、
それだけではない、もっと奥に
深く壮大なものが控えているヨーガの入り口です。


ヤーマ・二ヤーマで心身を清め、
アーサナで体を整え、
次回は、第4段階の「プラーナーヤーマ(調気法)」
呼吸・気の整え方に続きます。


つづく




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR