ヨーガの種類



パワー・ヨーガ、セラピー・ヨーガ、マタニティ・ヨーガ・・・
今、世の中には様々な種類のヨーガがありますが、
今回は、その中でも古くから伝わっている「伝統的ヨーガ」の話です。


ヨーガの起源は、紀元前3000年から1500年位の間に栄えたとみられるインダス文明時代にまで溯ります。

インダス文明は、20世紀にインダス河流域のモヘンジョダーロ、ハラッパーその他の場所から遺跡が発掘され、その存在が知られた古代文明ですが、
その発掘品の中の印章や護符に、ヨーガ行者が瞑想しているかのような坐像が印刻されていたそうです。


「ヨーガ」という名で、一つの行法のシステムが成立したのは、ブッダによって仏教が開かれるよりも1〜2世紀以前のこと。
その後、古典ヨーガである「サーンキャ・ヨーガ」という流派が生まれ、思想的にも発展しました。
(サーンキャ・ヨーガの経典が、かの有名な「ヨーガ・スートラ」です。)


そして、古典ヨーガをもとに色々な流派が派生し、
それが、現在「伝統的ヨーガ」と言われているヨーガで、主なものは、以下の6つです。


*ラージャ・ヨーガ(心理的なヨーガ)

古典ヨーガ(サーンキャ・ヨーガ)の系統を引くもので、瞑想、心理的作業(心のコントロール)を中心とするヨーガの流派。
ラージャの意味は「王」
ヨーガの中の王と言われているヨーガ。

*バクティ・ヨーガ(宗教的)

バクティの意味は「信仰、帰依」
神への献身的信仰を中心にした流派。
全てのものを神の愛の現れとみて、信仰生活に生きるヨーガ。

*カルマ・ヨーガ(倫理的)

カルマは「行為」という意味。
社会の中で結果を求めず善行に励み、活動を通じて神聖なものへと至る行動的、意志的なヨーガ。
「バガヴァッド・ギーター」がカルマ・ヨーガの経典。

*ギャーナ・ヨーガ(ジナーナ・ヨーガ)(哲学的)

ギャーナは「智慧」という意味 
哲学的思索により感覚を制御して自我を克服し、真理に到達するヨーガ。
ヴェーダーンタ哲学をその理論背景とする流派。

*マントラ・ヨーガ(呪法的)

マントラすなわち呪文、御真言の誦唱を枢軸とする流派であり、
仏教の真言宗と関係がある。

*ハタ・ヨーガ(生理的)

肉体的、生理的な操作を主としている。
現代、ヨーガとして世界にひろがっているものの大部分は、このハタ・ヨーガである。


以上6つのヨーガは、方法は違っても、到達地点は皆同じ。
ヨーガを行じることで人格のあり方を高め、完全なる自由の境地(解脱)へ到達することを目標としています。


「ヨーガ=ポーズをとる」というイメージがありますが、
上記6つのヨーガの中で、アーサナ(ヨーガの体操)があるものは、なんとハタ・ヨーガのみ。
その他は、思想、哲学のヨーガです。
このことからも、ヨーガはポーズ(体操)ではなく、思想、哲学の要素が大きいことが分かりますね。


今後は、この伝統的ヨーガの中から、一つずつ解説したものを載せていきたいと思います



参考図書:ヨーガ根本教典(佐保田鶴治/著)

暑中お見舞い申し上げます

連日、猛烈な暑さが続いていますが、皆さまお変わりありませんか?

私は、前回の台風が去ったあと急にやって来た蒸し暑さに体がついて行けず、ずっとだるかったのですが、ここに来て暑さにも慣れ、体がシャキッとしてきました


7、8月の教室は、胸(心臓)のあたりにあると言われている、
第4チャクラ(アナーハタ・チャクラ/ハート・チャクラ)をテーマにしていますが、皆さんのハート・チャクラの調子はいかがでしょうか?

ハート・チャクラ、「胸」の部分は、夏を快適に過ごすための鍵を握っているところでもあります。

「胸」の辺りがゆるんでいると、自家製のクーラーがよく働いて、胸から体にこもっている熱が放出され、夏バテや寝苦しさから解放されやすくなるそうです。

しかし「胸」は、冷房等の冷えはもちろん、気疲れなどの精神的なストレスや、生活リズムの乱れなどの影響を受けて、すぐに硬くなってしまうところ。
ですから、家でも「胸/ハート」を大きく開くようなポーズを、深い呼吸と共にとってみて下さいね。

「胸」を柔らかくして夏を快適に
そして、「ハート・チャクラ」の愛のエネルギーも高めて、家族と過ごす時間が多い夏休みを、楽しく過ごせたら最高ですね


ハート・チャクラの状態が整ったら、ぜひ全体のバランンスにも意識を向けてみて下さい。

夏は、暑くて環境的ストレスが大きく、心身の調整が難しい時ですから、
今の自分の状態をよく感じ取って、上手にバランスを取っていきましょう!

...頑張りすぎず。(熱中症が心配!)
...かといって休みすぎず。(よけいダルくなります!)
自分に程よく丁度よく。

ギターの弦に例えると良いそうです
ギターは、弦を強く張りすぎると、弦がプチッと切れてしまいますね。
しかし、ゆるーく張っておくと、良い音が出ません。
キツ過ぎず、ゆる過ぎず、丁度よく張ってこそ良い音色が奏でられます。

自分の弦はどの辺りが丁度いいかな?
体や心へのアンテナをしっかり立てて、自分の弦を上手に張り、
涼しげで奇麗な音を奏でたいですね


それでは、また教室でお会いしましょう


奥多摩




9月のスケジュール

セラピーヨーガprana

《月曜日》            
 1日  河辺市民センター 和室
 8日  新町市民センター 和室
15日(祝)    〃
22日     〃
29日     〃

《火曜日》
 2日  釜の淵市民館 和室
 9日  青梅市民会館 和室
16日  休館日の為、お休み
23日(祝)青梅市民会館 和室
30日     〃

【時間】10:00〜11:30

【レッスン料】
1回 1000円
チケット5回分 4000円
(月曜日と火曜日、どちらも同じチケットで受講可能です。)
体験 500円


yogaナマステ

《水曜日》
 3日  新町市民センター 和室
17日      〃

活動日 第1、3、5水曜日(月2〜3回)
時 間 20:00〜21:30
月謝制で、月2000円です。 


prana、ナマステ共に、新規会員募集中です!
ヨガに興味のある方がいましたら、ぜひお誘い下さい



認知症にならないための決定的予防法

アメリカの名医が解く予防法の最前線。
脳の老化を食い止める!


先日、ヨーガ療法は「認知症予防」にも効果があるという事で、
ヴィンセント・フォーテネイス先生の講演に行って参りました。
ヴィンセント・フォーテネイス先生は、神経学とリハビリテーション医学の専門医であり、
ロサンゼルス郡の名医100人にも選ばれ、マスコミでも活躍されているアメリカの名医の1人です.

認知症のうちで最も多いアルツハイマー病が、アメリカでも大流行しつつあり、
長年のストレス、睡眠不足、座りがちな生活、食生活などが原因で、発症のリスクが高まる事がわかっているそうです。

そして恐ろしいのが、アルツハイマー病に特効薬は無いということ!

アルツハイマーの症状に効く治療法は今のところ無いそうです。
フォーテネイス先生のお父様がアルツハイマー病になった際に、医師である自分が助ける事ができず、
悲観された先生は、解決策を見つけようと決心され、
そして、アルツハイマー病の総合的な予防法をまとめられました。

まだまだ認知症なんて、私には関係ない。
そう思っているあなた!
(実は私もそう思っていました・・・)

長年の生活習慣が大きく関係しているこの病気の予防は、
まだまだ脳も体も元気!という今から始める事が大切なのです。
そして、脳を元気にするという事は、体全体や精神の健康、若返りにも大きく役立っていきます。


アルツハイマー病の予防法である
《4つの柱》を紹介します。


ステップ1 アルツハイマー予防食 思考のための食品

*調和のとれた食事方法
抗酸化物質(ビタミンA,C,Eを含む食品)、オメガ3脂肪酸(魚、魚脂に含まれる)、葉酸(アスパラガス、豆、柑橘類等)をはじめとする、脳を活性化する栄養素に富んだ食事をする。

単炭水化物の多い(パンだけ、うどんだけ、等のような)バランスの悪い食事を長年とっていると、メタボや糖尿病、コレステロール高値になるだけでなく、アルツハイマー病にもつながるそうです。

研究では、緑茶に含まれるカテキンも脳細胞を守るのに役立つことが示されています。
緑茶や紅茶などの発酵茶は、抗酸化物質のフラボノイドを自然に豊富に含んでいるそうです。

ステップ2 筋力強化 心身を健康にする毎日の運動

運動は、ストレスを減らし、脳を活性化します!

脳をより大きく、より良くする『3つのステップ』
1 万歩計をつけた歩行運動(もしくは、中程度の運動)
2 アイソメトリック運動による筋肉強化
3 ストレッチ体操


3つのエクササイズはいずれも、健康であるための主要な要素
―心臓血管の調整、筋力強化、柔軟性―を含んでいますが、
個々におこなっても効果はあるそうです.

ヨーガ療法は、アイソメトリック運動(筋肉の等尺運動)を取り入れていますが、筋肉の機能性能力を高める他、脳を活性化する成長因子を刺激し、ホルモンのバランスを保つのに役立ちます。
  
ステップ3 脳の強化 脳の予備力を大きくする

活動と目新しいことが新たなシナプスを育てるそうです。
従事すべき活動は積極的な新しい活動、分析、問題解決、頭の回転が必要なもの。
例えば、歌を歌う、本を読む、料理をする、スケッチをする、外国語を学ぶ、パズルを解く、ボランティア活動をする・・・etc.

人との交流、社会的な関わりをもつ人は、健康で長生きして、頭もはっきりしていることが研究から判明しているそうです。

そしてヨーガ療法では、体の内側で起こる変化の意識化が、脳の活性化に役立ちます!

ステップ4 休息と回復 自分の静かな世界を見つける。

休息というのは、毎晩ぐっすりと眠り、体がくつろげるように心がけ、7〜8時間の睡眠がとれるように早めに就寝することを意味します。
回復というのは、アドレナリンの交感神経系の働きが弱まり、くつろぎの迷走神経系が活発になっている状態に体を保つ能力のことを意味します。
(睡眠が不足すると、食欲と体重が増えるそうです!)

回復するための手段は、弛緩反応、複式の深呼吸、音楽を聴く、瞑想、祈り、ヨーガ・・・

特に瞑想は、精神的により回復をもたらす「ノンレム睡眠」と似たような脳の状況を生み出すことが、研究でわかってきているそうです。


以上が予防のための「4つの柱」です。

そして講演の中で、「アルツハイマー病にかかり、治療で施設に入っていた患者さんよりも、施設に入らず、特に治療をされていなかった患者さんの方が、長く元気でいられた方が多かった。」という話が印象的でした。


今から予防を
そして、それは生涯続く訳ですから、気負わず楽しくやっていきたいですね

認知症
ヴィンセント・フォーテネイス/著
〈河出書房新社〉

プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR