ヨーガ・カウンセリング実践編!


「ヨーガ・カウンセリング講座」で勉強していることは、
カウンセリングとしてだけではなく、
会話を豊かにして、良好な人間関係を作っていく為に
役立つ内容がたくさんあります。

カウンセリングの基礎(話しの聞き方)をお伝えしますので、
このところ子供を始め、家族、友人と、
なんか会話が上手くいかなくて〜 という方!
ぜひ参考にして下さい。


〈カウンセリング実践編〉

話を聞くのに、大切なのはまず
「ちゃんと話を聞いています」という態度。

(何かしながらでなく)意識を相手に向けて、
・うなずく
・おうむ返し


そして「共感(empathy)」

共感とは、相手の「当たり前」を理解しようとする態度のこと。

いくら家族といっても、自分の当たり前相手の当たり前
違うのが当たり前。


自分の思い込みで相手の話を理解したつもりになってしまうのは危険なこと。
また、自分の当たり前と違うからと感情的になってしまっては、会話は進みません。

耳を傾け、相手の関心に関心を向けていきます。

・相手は何について話したいのだろう?
・相手は何を伝えたいのだろう?
・相手は私に何をわかって欲しいのだろう?
・相手は何にこだわっているのだろう?


「相手の関心に」ではなく、「自分の関心から」の質問は尋問と同じだそうです。

相手の関心、当たり前、を知るには、相手に聞く以外に方法はありません。


そして、相手に共感をするといっても、
全てを受け入れるかどうかはまた別。

大切なのは、相手の当たり前と都合を理解し、
自分の当たり前と都合をすり合わせていくこと。


これが、現代的な思いやりだそうです。


*********

「カウンセリング講座」を受講していく中で、
私は、ついつい自分の当たり前を相手(特に子供
に押し付けてしまいがちなことに気づき、反省しました


子供といえども、別の人格。
「他者はコントロールできない!」です。

するべきは、「自分の心のコントロール!」

「心の砂」を舞い上がらせる事なく、
「馬車の馬」を暴走させる事なく、
会話ができる冷静さ、客観的思考が必要ですね。


心のビン

あなたの心のビンの砂はどうですか?



シャバ・アーサナ


暑くて寝苦しい夜が続いていますが、
皆さん熟睡できていますか?

睡眠不足は夏バテのもとになってしまいますから、
ぜひ「シャバ・アーサナ」でリラックスをして、
夏の疲れをとって下さい


日本語・・・しかばねのポーズ
英語・・・corpse pose

いつも教室の終わりの方で行うポーズですが、
心身の緊張を解きほぐし、深く安らいだ精神状態を作りだす効果があります。


やり方は・・・
仰向けになって、脚は腰幅、腕は手のひらを上向きにして、
体から自然に離して伸ばします。

どこにも違和感がなく、床(大地)と一体となれるところに身を置いて、
ゆっくりと呼吸をしながら、吐く息と共に、体の力を抜いていきます。

意識は体の内側に向けて、血液の流れや、体の変化、感情や思考の変化を、
「良いとか悪いとか」のジャッジをせずに、ただぼんやりと、
通り過ぎていく、ありのままの感覚を観つめていきます。


しだいに力が抜けきって、意識も遠のき、
目覚めているのでも、眠っているのでも、夢を見ているのでもない、
なんとも心地いい「まどろみの世界」に身を委ね、深—いリラックスへ・・・



実際はわずかな時間の出来事なのに、目覚めたあとは、
頭もすっきり、体も疲れもとれている・・・
そんな経験をされた方も多いと思います。

それもそのはずで、5分間のシャバ・アーサナは、
1時間の睡眠に匹敵するともいわれています。


そして、このリラックス効果の為には、
本当に眠ってしまわないのが大切です
(でも疲れていると、いつの間にか眠ってしまいますよね


それから、もし緊張が思うように緩まず、リラックスできない時は、
「これもまたよし」くらいの気持ちで気楽にかまえることも大切です。


そして、シャバ・アーサナから戻る時は、急がず、
まず体に意識を戻し、ゆっくりと元の状態に戻っていきましょう。


眠る時には、ぜひシャバ・アーサナをしているかの如く、
吐く息とともに体の力を抜いていき、深く質のいい睡眠をとって下さいね!

上手にリラックスして、残り少ない夏を元気に過ごしましょう



「ISMカフェ」にてヨーガ療法教室 新規開講!

青梅市千ヶ瀬にある「ISM(イズム)カフェ」をご存知ですか?


このカフェは、「憩いと癒しの場」をテーマに、
「ISMプロジェクト」代表の伊藤寿美子さんを中心にして、
地域の方のために最前の健康アンチエイジングのための情報を発信しています。


ISMカフェ1


そして今回、この「ISMカフェ」にて、「ヨーガ療法教室」を定期開催させて頂くことになりました!

ヨーガ療法は、心の健康のために「マインドフルネス」を行いますが、
そこに伊藤さんが注目して下さり、健康のために「からだとこころ」の両面からアプローチするヨーガ療法を「ISMプロジェクト」に取り入れて下さいました。


「ISMプロジェクト」では、カフェの他に、
リフレクソロジー、リンパフェイシャル・トリートメント、MKセラピー、ピンパ&カイロセラピー、カラーセラピー、
そして、健康管理士でもある伊藤さんの健康セミナーも開催されています。


ISMカフェ2



【ヨーガ療法教室】in ISMカフェ

毎月第4金曜日 AM10:00〜11:30
参加費:ヨーガ療法・・1000円
    ヨーガ療法+ヘルシーランチ・・1500円(お得です!)
定員10名(要予約)

ご予約、お問い合わせ「ISMプロジェクト」代表 伊藤さんまで
☎︎0428−22−1094
(小荒井でもOKです)


この教室では、ヨーガ療法の特色を色濃く出し、
ヨーガを通して、「からだとこころ(感情)のコントロール法」を学んでいきたいと思っています。
今通っている週1回のヨーガでは物足りない!という方、ぜひこちらへも参加して下さい



ISMカフェ3


「カフェ」の営業日は、毎週火曜日と木曜日
栄養バランスの取れたとてもヘルシーなランチです。
その他ドリンク、シフォンケーキ、ロールケーキなどもあります!
ぜひお出かけください。
(駐車場もあります)


「ISMプロジェクト」詳しくはこちらを

ja-jp.facebook.com/ismproject.ome


後日詳しく案内をしますが、9月19日(金)10時〜「ISMカフェ」にて、
伊藤寿美子氏による「健康セミナー」が開催されます。
テーマは「細胞レベルの体の仕組みと健康維持をするためには何が大切か」
特に食からの健康に興味のある方は必見です。
ぜひご参加下さい。
参加費は、お一人1000円です。

10月のスケジュール

セラピーヨーガprana

《月曜日》              
 6日  河辺市民センター 和室台風の為お休み
13日(祝) 新町市民センター 和室
20日  新町7,8,9丁目自治会館 2階和室
27日  新町市民センター 和室

《火曜日》
 7日  青梅市民会館 和室
14日     〃
21日     〃
28日  釜の淵市民館 和室

【時間】10時〜11時30分

【レッスン料】
1回 1000円
チケット5回分 4000円
(月曜日と火曜日、どちらも同じチケットで受講可能です。)
体験 500円


yogaナマステ

《水曜日》
 1日  新町市民センター 和室
15日     〃
22日    〃
(※第5→第4水曜日になっていますので、ご注意下さい。)

活動日 第1、3、5水曜日(月2〜3回)
時 間 20:00〜21:30
月謝制で、月2000円です。 


prana、ナマステ共に、新規会員募集中です!
ヨガに興味のある方がいましたら、ぜひお誘い下さい



箱根神社
箱根神社

ヨーガ・カウンセリング

ヨーガ療法は、健康度を高める為に、
アーサナ(体操)、呼吸法、瞑想を行いますが、その他に、
「ヨーガ・カウンセリング」もとても重要としています。


「ヨーガ・カウンセリング」の目的は、
今の自分の置かれている状況や思考、感情を「言語化」(言葉に出すこと)で、自分自身を客観的に見つめ、
「気づき」を得て、「認知の修正(考え方の修正)」をしていく事です。


「カウンセリングとは、言語的および非言語的コミュニケーションを通して、相手の行動の変容を試みる人間関係である。」

と、カウンセリングの第一人者である国分康孝先生は、定義しています。

カウンセリングの中心概念は「行動の変容」だそうです。


国分先生曰く、
「考え方次第で悩みは消える」

「考え方のどこかにおかしなところがあるから悩むので、
それゆえ、考え方を変えたら悩みは消える。」

とおっしゃっています。


おかしな考え方とは・・・

(1)事実に即さない考え方
(例えば、願望と事実の混同、推論と事実の混同、一般化のしすぎ、解釈と事実の混同 等)

あるいは、
(2)理論性の乏しい考え方
(例えば、失業したら死ぬかもしれない、友達は多いほどいい 等)

の何れか。だそうです。


ヨーガ的に言うと、(1)は、「観るもの」と「観られるもの」との混合。
または、現実には起こっていない、自分の頭の中で作り出した「幻、マーヤー」に振り回され、苦しめられているという事。
(2)は、過去の記憶による「認知の誤り」による苦しみ。


ですから、カウンセリングで言葉に出し話すことで、
自分自身を客観的に見つめ、
過去や未来の「幻」でなく「今ここ」に立ち戻り、
「認知の誤り」による記憶のお掃除(考え方の修正)もして、
常識と思っていたタガを外し、執着も手放し、心をクリアにして、
抱えている問題に冷静に対処する力を引き出していきます。


ヨーガ・カウンセリングの目標は、
完全な健康実現、解脱、独存位。
カウンセラーの役割は、意識化(冷静客観視)の補助。
相談者の役割は、自己像の意識化。


「自分は何に苦しんでいるのか。」その正体を知るだけで、
悩みの半分は解決したのも同じだそうです。


「答えはすべて自分の中にある」と言いますが、
より良い答えを見つけ出し、自分の人生に「OK!」を出していくのが
ヨーガ・カウンセリング。


自分が変わることで、周りも変わり、
そして、見える世界も変わっていきます



ハタ・ヨーガ


伝統的ヨーガの中から、
まずは「ハタ・ヨーガ」の解説を。


「ハタ」という言葉は「力」という意味で、
ハタ・ヨーガとは「力を込めてなすヨーガ」、
または、「力ずくの激しいヨーガ」という意味があるそうです。


インドの伝統的な解釈では、
「Ha/ハ」は太陽、陽、吸う息。
「Tha/タ」は月、陰、吐く息。

を意味しているとされています。


ハタ・ヨーガは肉体的な修練を軸としていて、
現代的なポーズをとるヨーガやストレッチもこのハタ・ヨーガがもとになっています。

また、ラージャ・ヨーガという頂点に達するための
一つの段階でもあります。



ハタ・ヨーガの代表的な教典は、
「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー(スヴァートマーラーマ著)」

内容は、アーサナ(坐法、ポーズ)、プラーナーヤーマ(調気法)が大きな柱となっています。


まずアーサナは、
「心身の強健と無病、手足の軽快等を得るためには、アーサナをおこなうがいい。」
と、1章17に記述されています。


プラーナーヤーマ(調気法)というのは気(プラーナ)をコントロールするという意味。


気(プラーナ)というのは、人間の身体のうちにあって生命活動を司るエネルギーのこと。

この気(プラーナ)はもともと宇宙にいき渡っているものであって、
私達は、呼吸によって空気とともに体内に取り入れています。


そして、調気法と密接な関係にあるのが、
「至高なる女神」と言われる「クンダリニー」。

「クンダリニー」は、通常は背骨の最下端に潜在しているエネルギーですが、


これを覚醒、活性化して背骨の真中を通るスシュムナー管の中を、
頭の頂上まで貫き上がらせることが、ハタ・ヨーガの修行の最大の狙いです。


(もちろん、クンダリニーもスシュムナー管も肉眼では見えません


クンダリニーがスシュムナーを貫くと、どうなるかというと・・・


プラーナがこのスシュムナー管の中を自由に流れるようになり、
このスシュムナー管の6カ所にある「チャクラ」が活性化され、
そして、それぞれのチャクラに眠っていた才能が発現すると言われています。


そして遂には、プラーナが頭上近くにある「ブラハマ・ランドラ」という神聖な室の中へ流れ込んだ時に、
「三昧」の状態が現れて、ハタ・ヨーガの目的が達せられるということです。


「クンダリニーはとぐろを巻いていて、蛇のようだといいはやされている。
このシャクティ(力)を動き出させたものは解脱者となること疑いなし。」
(ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 3章107)



現在は、呼吸で陰と陽のバランスを取りながら、美と健康のためにポーズをとる。というイメージのあるハタ・ヨーガですが、

本来は、尾てい骨で眠っているクンダリニーを覚醒し、チャクラを開花させ、霊性を高めていくための修行法なのです。




参考図書:ヨーガ根本教典(佐保田鶴治/著)




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR