日本ヨーガ療法学会研究総会 その2


この週末も思いのほか晴れて、行楽日和になりましたね。

私は、来年の「大宮大会」に向けての実行委員打ち合せの為、
大宮に行ってきました。
(来年4月に、研究総会が大宮で開催されます。)

大宮って、都会ですね。
大宮駅は広くて人も多くて、
人混みに酔いそうになりました


さて、先日行われた「日本ヨーガ療法学会研究総会」での
講演の続きを紹介します。


神戸大会


今回は、
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター教授の
「ロレンツォ・コーエン博士」の講演を。

講演のタイトルは、
「がんケアへの統合的ヨーガ」です。


コーエン博士は、いかに「がんを予防」し
「最善の健康状態を維持しながら寿命を全うするか」
という教育に熱意を注いでいる方です。

瞑想やヨーガ等、統合医療の実践を普及し、
がん治療や生活の質(QOL)を向上させる研究をされています。


講演では、
「ヨーガには、エクササイズを超えた何かがある。」
と、おっしゃっていました。

ヨーガの実習が、単なるリラックス反応を超えたところで
「健康」や「幸福感」に寄与することが、
研究結果でも示されているそうです。


ヨーガを包括的に実習することによって、
人生のあらゆる側面で深い影響を受けていることが分かっていて、

特に、瞑想することで、
メンタル面、スピリチュアル面の向上がみられたそうです。

瞑想は、脳の機能を変えていく効果もあるとの事。


特に印象的だったのは、瞑想やヨーガを続けた方は、
「良い面の発見」の値がだんとつに多かったという事です。

治療を受けながらも、
「自分の病気に意味を感じる。」
と答えた方がとても多かったそうです。


その他、
がん患者と介護者がカップルでヨーガを行った場合、
「一人が良くなると、もう一人も良くなる。」

そして、
「社会の結びつきが高いほど、がんの生存期間が長かった。」
と、この2つの話も印象に残りました。

やはり、家族や社会、人との繋がりというのは
とても大切なのですね。



私達も、ヨーガの実習を続け、肉体面の健康を維持し、
でも、いつか肉体は滅んでしまうわけですが、

それに囚われず、メンタル面、スピリチュアル面での
健康をいつまでも維持していきたいものです。

「今、この瞬間」を大切に。
日々に感謝を。ですね


プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR