応用研修会


暑中お見舞い申し上げます!


8月に入りましたね

酷暑が続いていますが、8月最初の週末、
いかがお過ごしでしたか?


私は昨日、応用研修会のため
町田のヨーガ・ニケタンへ行ってまいりました。
(ヨーガ療法士のレベルが下がらないように
定期的に行われている勉強会です。)



ヨーガ療法は、医療と連携したヨーガですが、

精神疾患、高齢医学、癌、依存症やPTSD・・等の
治療を行う病院でのヨーガ療法の報告などもありました。


アーサナの練習は「伝統的ラージャ・ヨーガ」を行いました。


木村慧心先生が6月に「チベット霊山カイラス」に行かれた時に撮影された、
木村先生の兄弟子であるアルナ師、ラリタ師によるヨーガ行のビデオを観ながらの実習でした。


聖地カイラスでの伝統的なラージャ・ヨーガ行を拝見でき、
とても貴重な経験となりました。


教室でも、伝統的ラージャ・ヨーガのアーサナを取り入れますね!



そして、「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」で聖典の勉強です。


木村先生は、現代において聖典を勉強する意味は、
「物事の判定基準を身につけるため」
とおっしゃいます。


瞑想にも色々とありますが、
テーマのある瞑想をすると、過去の記憶がでてきます。

いい思い出だけが出てくればいいですが、
嫌な思い出したくない記憶もたくさん出てきます。


でも、ヨーガはそれを退けず、
過去の記憶(チッタ)の問題にどういうリアクションをしたか客観視して、

「人間万事塞翁が馬」と、
自分の人生を受け入れていきます。

「天の配慮に応諾!」です。


この聖典にも、
応諾をすることにより、
「暗闇」と「恐れ」の破壊者になれる
との記述がありました。


ヨーガはまさに、体、心、スピリチュアルと、
全人的に成長できる素晴らしいものだな〜
と、改めて感じられた1日でした。

木村先生ありがとうございました。



夏の暑さはまだまだ続きそうですが、
この暑さも「応諾」をすると、少しは和らぐでしょうか?

熱中症や、不安定な天候に気をつけつつ、
引きつづきを楽しみましょう〜



レンゲショウマ
レンゲショウマ(御岳山)



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR