ソーハム瞑想

今、教室で行っている「ソーハム瞑想」

マントラである「ソーハム」を心の中で唱えながら、
呼吸に意識を向ける瞑想法です。

深い呼吸になるので、心を静める効果があり、まさに天然の精神安定剤のような瞑想法です。

意味は 「ソー」が「彼」    
    「ハム」が「我」「私」

  「ソーハム」=彼は我なり

「彼」と言っても人間の彼ではなく、神・宇宙・ブラフマン・大いなる存在、を意味するそうです。

「ソー」 と心の中で唱えながら、息を吸い
「ハーム」と心の中で唱えながら、息を吐く

「ソー」と息を吸うときに、宇宙、大いなる存在を自分の中に取り入れ
「ハーム」と息を吐くときに、我を宇宙の中に溶け込ませていく・・・

ヨガの目的である「個である自分」と「大いなる存在である宇宙」との調和、結合をはかっていく瞑想法なのですね。

心が安らぎ、幸せな気持ちになる瞑想です。

20081204153620-1.jpg




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR