9月のヨーガ


気がつけば、もう9月の半ば。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で
夏のあの酷暑も、今では
はるか昔のことのようですね。


このところ気温の変化のせいか
体調を崩しているという方の話もチラホラ耳にしますが
夏の疲れも出てくる時ですよね。

夏は、冷たいものの食べ過ぎで内臓も疲れていますし
内臓の冷えからコリも意外とたまっています。


ここで一度リセットして
これからの季節のいい時期、元気に活動できるカラダを
ヨーガでつくっていきましょう!


リセットするために、まずすることは
「自分自身」に意識を向けなおすことです。


昨日は、「郷の家」でヨーガ教室がありました。

そこでもお話しさせて頂きましたが

仕事、主婦、母親、妻・・・と、私たちは
いくつもの役割をこなすために、意識を外側に向けています。


意識を外に向けているのが悪いということではなく

常に外に意識を向け、周りのペースに合わせ過ぎていると
ストレスがたまり、自分の中のバランスが崩れ
心身に不調が現れます。


不調(病気)から遠ざかるために
ヨーガでは、まず自分自身を取り戻していきます。


目を閉じ、姿勢を整え(又はアーサナをしながら)
意識して息を吐き、呼吸を整えながら
自分の内側で起こっていることを静かに観つめていきます。


そうしていくことで、落ち着きを取り戻し
心身の調和がうまれます。


調和がうまれると、自律神経の働きもよくなるので
肉体レベルでの不調も起きにくくなりますし、

そしてなにより、大きな意識ともつながりやすくなり、
本来持ち合わせている生命力もみなぎってきます。


季節も変わりますから、ここでもう一度
自分自身に意識を向け直し、心身をリセットして、

日々の生活も、サットヴァの意識で行えるよう
ヨーガで調和をはかっていきましょう



9月からのレッスンは、心身の調和はもちろん、

いつまでも若々しいカラダを維持するために、
筋肉を強化するアーサナもいつもより少し多めに。

(…そんなにキツくないので安心してください
 体力もつくし、ボディも引き締まります!)


チャクラは、第4チャクラ(ハート・チャクラ)を。


そして、木村先生からご教授いただいている
「ラージャ・ヨーガ」の内容も取り入れながら、

充実した内容で行っていきたいと思っています。


どうぞよろしくお願いいたします。


2015,9月御岳山



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR