筋肉とホルモン


気持ちのいい秋晴れが続いていますね

紅葉の便りも聞くようになって、すっかり季節は秋ですね


さて、今回は、筋肉シリーズの第三弾で、
「筋肉とホルモン」の関係についてお話しさせて頂きます。


筋肉量の増減は、体力だけでなく、
内分泌系、すなわち「ホルモン代謝」
にも影響をもたらします。


なかでも影響が大きいのが
「成長ホルモン」「男性ホルモン」です。


「成長ホルモン」は、
その名の通り体の細胞の成長を促すホルモン


・ 骨や筋肉をつくる(丈夫な体になる)

・ 脂肪を燃焼しやすくする(太りにくくなる)

・ 肌の細胞の新陳代謝をよくする(肌がキレイになる)


以上のような効果があり、とても大切なホルモンの一つです。



次に「男性ホルモン(=テストステロン)」


男性が本来持っている闘争本能や競争心、
性欲などを刺激するとされています。

また、たんぱく質を材料に筋肉をつくる際、
その合成に重要な役割も担っています。


「男性更年期障害」「草食系男子」などという言葉も聞きますが、

中高年の気力の衰えや、若い男性の競争心の低下なども、
この「男性ホルモン」に関係があるのではないかと言われています。


旦那様や、周りにいる男性が「今ひとつ元気がない」状態だったら、
ぜひ筋トレを勧めてください!

筋トレに励むと気力がわき、
いつもの元気がよみがえってくるかもしれません


「え!?じゃあ、筋トレをすると男っぽくなっちゃうの?」
と心配をした女性の方、

女性の男性ホルモン分泌量は少ないので大丈夫です!



そして、近年の研究で、
筋肉は脳からの指令だけで動くのではなく、

筋肉自ら「内分泌器官としての役割」
を担っていることが分かったそうです。


体を動かすたびに、筋肉からは様々な役割を果たす物質が
何十種類も分泌されているのだとか。


その一つが、「BDNF(脳由来神経栄養因子)」という物質。

脳の神経細胞に対して“肥料”のように働き、脳を活性化させます。


また、「IL-6(インターロイキン・シックス)」という物質には、
脂肪細胞に働きかける作用があることがわかっています。

筋トレをすると、筋肉から多くの「筋肉を太くする物質」が分泌されますが、

そのひとつであるこの物質は、脂肪細胞に働いて中性脂肪を分解させ、
その産物の脂肪酸を放出してくれます。


このように、筋肉は脳の指令で体を動かしているだけでなく、
色々な物質を分泌することで、脳や脂肪などと
やり取りしているのですね。


筋トレヨガを習慣づけて、老化に逆らうホルモンの力を引き出していきたいものです



そして忘れていけないのが
「心身一如」「心身相関」という言葉。

「からだ」と「こころ」はつながっていますから、

「体」を強くしておくことで、
「心」のピンチも乗り越えていけます。

「心」にゆとりを持つことで、
「体」のピンチも乗り越えていけます。


「筋トレヨガ」で体を鍛え、
「マインドフルネス」で心を鍛え、

体も心も健康な自分を手に入れましょう!

自分自身を心底健康にできるのは、他の誰の力でもなく、
自分自身の力です。



「マインドフルネス」って、なんだっけ??
という方は、ぜひこちらをご覧ください

マインドフルネス「鎌田譲先生WS]
マインドフルネスとは


プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR