ネガティブ思考を変える


「心の中の文章表記」


心の中というのは、たいていの場合
おしゃべりをしています。

そのおしゃべり(思考)を、
カウンセリングの第一人者である國分先生は、
「心の中の文章表記」とおっしゃいます。


ネガティブ思考の人は、
「ネガティブな文章表記」をしています。

代表的なものが「どうせ」「だから」


「どうせダメ」「だからダメ」


まだ起こっていないことを、
勝手にダメな予測をして諦めてしまっています。


言ったって、どうせ・・
やってみたって、どうせ・・

学歴がない、だから・・
お金がない、だから・・
親に愛された記憶がない、だから・・・


このネガティブ思考から抜け出すために、
心の文章表記の接続詞を
「だからといって」
に変えます。


学歴がない、だからといって・・
お金がない、だからといって・・
親に愛された記憶がない、だからといって・・


「だからといって」にすると、続く言葉が
「ダメなわけではない」
に変わりますよね。

こうやって心の文章表記を変えて自分に言い聞かしていくと、
不思議と勇気が湧いてきませんか?


開き直りのようにも聞こえるかもしれませんが、
気持ちが下がってしまった時、こうして気持ちを切り替えて、
気力を上げていくことは大切です。


今まで「ムリ」と、自分で自分にストップをかけていた足かせも外れて、
一歩前進できるかもしれません。


カウンセリングの中で、この話をさせて頂いて、
「さっそく使ってみました。」
と、報告して下さった方がいました。


体の使い方に、人それぞれクセがあるように、
心の使い方にも、人それぞれクセがあります。

よくないクセがあるなら、それに気づいて、
どんどん変えていきましょう!


それは、自分の意志で、
いつからでも変えることができます。

ぜひ、ポジティブ思考で、
自分の人生を切り開いていってください。







プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR