バクティ・ヨーガ 〜愛と献身のヨーガ


今、クラスでも愛のエネルギーが宿る
第4チャクラ(アナーハタ・チャクラ、ハートチャクラ)
を取り上げていますが、


今回は『愛』つながりで、「伝統的ヨーガ」の中から、

愛と信仰のヨーガである「バクティ・ヨーガ」
の解説をさせていただきます。



バクティの意味は「信仰、帰依」

「バクティ・ヨーガ」とは、愛・信仰・献身のヨーガ。


すべてのものを神の愛の現れとみて、
神への強烈な愛・信仰によって
魂の浄化を目指すヨーガです。

(ポーズをとるヨーガではありません。)


※ここでいう「神」は、宇宙の絶対神(ブラフマン)のことです。



ヨーガの聖者スワミ・ヴィヴェーカーナンダ大師は、
愛は三角形であらわすことができる。
とおっしゃっています。

愛の三角形
1) 愛は取引きを知らない
2) 愛は恐れを知らない。
3) 愛は競争を知らない。


三角形の一辺がひとつでも無くなると
三角形では無くなってしまうように、

「愛」もこの3つが揃わないと、
本当の愛ではなくなってしまうそうです。



ノーベル平和賞を受賞した、
インドのコルカタで始まったマザー・テレサの活動は、

貧しい人々、病んだ人々のために、見返りを求めず、
病気の感染や世間からの非難をも恐れず、
争いがちな宗教の壁を越え、

愛の三角形の実現。まさにバクティそのものです。


愛と祈りの生涯を過ごしたマザーは、
バクティ・ヨーガの中でも、至高の帰依、
パラー・バクティの境地です。



あなたに出会った人がみな
最高の気分になれるように
親切と慈しみをこめて
人に接しなさい。
あなたの愛が
表情やまなざし、微笑み、言葉に
あらわれるようにするのです。


愛とは
大きな愛情をもって
小さなことをすることです。

〜マザー・テレサ〜




「愛」のエネルギーは、
優しい言葉をかけてもらったり、
贈り物をしてもらったりと、
誰かに(外から)与えてもらうものと考えられがちですが、


自分から行う「愛」ある行動によって、相手にだけでなく、
自分自身の「愛」のエネルギーも高まると
ヨーガは教えてくれています。



マザー・テレサの境地に達することはできないにしても、
1日ひとつでも、ぷちバクティ行をして
ハートをあたためましょう


できない日があっても、
これもまたバクティな心で、
できなかった自分を許したいものです。



バクティ・ヨーガ



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR