「大宮大会」が開催されました。


先週末、4月22日(金)〜24日(日)の3日間にわたり、
「日本ヨーガ療法研究総会 大宮大会」が開催されました。

10年ぶりの関東開催の大会で、
私もその中での小さな係りではありましたが
実行委員として携わらせて頂き、
多くの学びを得る、貴重な体験をさせて頂きました。

しかし、ブログの方はすっかりご無沙汰してしまって
覗いてくださっていた方、本当にすみません



大宮大会最終日の日曜日には、
「市民公開講座」が開催されました。

oomiyakoza2016.jpg


講師は、日本ヨーガ療法学会理事長の木村慧心先生。
私のヨーガの師匠です。

公演のテーマは、
「ストレスマネージメントとしてのヨーガ療法」


「ストレスマネージメント」なんて聞くと、
難しそうだし、自分には関係なさそうに感じますが、

「ストレスマネージメント」とは、
すなわち「ストレス解消法」です。

現代の病気の原因のほとんどは「ストレス」によるもの
と言われていますから、
「ストレスを解消する」というのはとても大切な事です。


ヨーガ療法には、ストレスに気がつき、
それを解消していくための、
エクササイズ、リラクゼーション法、呼吸法があって、
それらを実践する事で、ストレスに強い心身を作っていきます。


ストレスに強くなるためのポイントは3つです。

1.強くしなやかな肉体(食物鞘)
2.深く安定した呼吸(生気鞘)
3.物事を広い視野からみていく客観性(意思鞘、理知鞘)

「体」「呼吸」「心」の3ヶ所からのアプローチです。


特に3の「心」の持ち方は、とても大切です。


慧心先生は、「ものさし」という表現をされましたが、

(「ものさし」=「これが正しい」「これが普通」と思っている判断基準。)


「自分のものさし」が絶対!と、思っていると
「自分のものさし」では計れない事が起きた時に、
大きなストレスを受け、心身のバランスを崩してしまいます。

ですから、客観性を育て、
日頃から「ものさし」を大きく柔軟にしておく事が大切で、
そうしておく事で、「受けるストレス」もグッと減っていきます。


ヨーガは、この客観性を育てるために、
「今ここ」の、自分の体、呼吸、そして、心の状態を
客観的に、ありのままに、観て行きます。


そして、ヨーガは「生き方」ですから、
ヨーガで身についた事を、日常の中で使っていく事で、
日々を健やかに過ごせます。



誰でも「ものさし」は持っているし、
人と自分の「ものさし」は、違っていて当たり前。

それが分かっていれば、「イラッ」「ムカッ」「ウツウツ」
も減らせます。



サッカー選手が、パフォーマンスが落ちないよう練習を続けるように
お坊さんが、仏の道から離れないようお経を唱え修行を続けるように

私達もヨーガの精神を忘れないようヨーガを続けて、
心身ともに健やかな毎日を送りたいものです。



強くしなやかな筋肉。
深く安定した呼吸。
そして、客観性。心のゆとり。

心身ともに健康な自分を育てていきましょう!


心身ともに健やかな状態でいることで、
自分本来の内なる輝きが現れてくると言われます(歓喜鞘)


そうする事で、家族や同僚、周りの人へも
いい笑顔が向けられます。

そして、最終的には「ものさし」など無い、
自由な心をもって過ごせたら幸せですね。




生徒さんの中に、この講座に出席して下さった方がいらっしゃいます。
お忙しい中を、本当にありがとうございました。

また、クラスの中で感想も言って下さってありがとうございました。

そのポジティブな感想を聞いて、
「そういう捉え方もあるのか〜!」と、目から鱗。

さすが、ヨーガをしている人は心も柔軟だなーと、感心しきりです(≧∀≦)


今回参加できなかった方も、機会がありましたら
ぜひ慧心先生の講座に足を運んでみてくださいね!





プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR