アーサナ(ポーズ)って何種類?


急に寒くなりましたね。
先週まで半袖だったのに、あわてて冬支度をしています。


前回、ラージャ・ヨーガのアーサナを載せましたが、
それに関連して、アーサナの番外編です。


「アーサナ(ポーズ)って何種類あるんですか?」
という質問を時々いただきます。


ヨーガの根本経典の一つ、『ゲーランダ・サンヒター』によると
アーサナの種類は、8400万種類
あるといわれています。


840,000,000種類…

数が大きすぎて、ピンときませんが…


なぜ、8400万なのかというと、
それは、この世に存在している動物や植物、自然の中のもの、
生きとし生けるもの全ての数が
8400万と考えられていたからだそうです。

天地自然に存在するもの全てがアーサナのモデルなんですね。


ちなみに、そのうち優れているといわれているアーサナは84種類で、
その中でも、特に重要なのが32種類だと、
聖典の中で取り上げられています。



コブラ、ネコ、鳥、バッタ、山、木、三日月、弓・・・

アーサナは生き物などの名前が付いているので、
ポーズをとる時にもイメージしやすいですね。


動物や魚、植物、山や月…
自然の中のもので、無駄なものは何一つありません。

そして何より、人間以外のものは、
自分自分のありのままを受け入れ、
受け入れた上で、自分自身を最大限に活かしていくという
能力がとても高い気がします。


私達もその能力を高めるために、
そのものに成りきってポーズをとり、

その生き物の体のしなやかさであったり、
また、その精神性の強さ、高さを
自分自身に吸収していきたいものです。

「生きとし生けるもの」全てが一つで、
全てが先生ですね。





プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR