ラージャ・ヨーガ その5


「ラージャ・ヨーガ」は、
ヨーガ・スートラに記されている
八支則(アシュ・タンガ)に沿って修行を積み、
三昧の境地へ向かっていく、という修行法ですが、


今回は、前回のプラーナーヤーマに続き、
第5段階の「制感せいかん(プラティヤーハーラ)」です。

今回は、少し心の方に入っていきます。


私たちには、「視、聴、嗅、味、触」という五つの感覚、
いわゆる「五感」というものがありますが、

この感覚器官を制御(コントロール)する。
というのが、制感(プラティヤーハーラ)の目的です。


「制感(プラティヤーハーラ)」で、
感覚に振り回されない意志の強さを作っていきます。



私たちは、五感を通して外の情報を取り込み、
(あ!美味しそうなパン屋さん!いい匂い〜!)
データを認識し、
(そういえばお腹が減ったな〜)
行いを決断します。
(買って帰ろう!)

このように、という感覚器官で外の状況を把握し、
その情報に対して、どう行動するかを、
知性(理智)が決定します。


この時、知性(理智)が正常に働けばいいのですが、
感覚器官から得た情報に異常に反応し、その欲望と化した感情に負け、
知性(理智)の声が聞こえず、感情の赴くままに行動してしまうと、
思わぬ失敗をしてしまいます。


例えば、(パン屋のたとえ話が続きますが…)
パンを購入し、意気揚々と歩いていたところに、
さらに美味しそうなパン屋に遭遇してしまった。
(こんな美味しそうなパン、初めて見るー!)
もう既に買っているにもかかわらず、
食べたい!という欲望に負け、買ってしまう。

…パンなら、冷凍しておけばまた食べられますが、
欲望の赴くまま、感情の赴くままに行動してしまい、
取り返しのつかないような失敗をした例は、誰もが持っていると思います。

その失敗をしないためのトレーニング法が、
この制感(プラティーヤーハーラ)です。


やり方は、
「五感からの情報に対する心の働きを静観すること。」


パン屋の例で言えば、
「なんて美味しそー!」「あー!食べたいー!」
という心の働きを、冷静に、客観的に眺める。

そして、
食べたい〜!という欲望に心を占拠させず、
どうすると今はBestなのかを、知性(理智)に判断を委ねていく。


このように、感覚器官から受け取った情報を、
「冷静に客観的にありのままを観ていく」という、
感覚に振り回されない練習をしていくことで、
感情的、衝動的な行動がグッと減っていくのです。



「ヨーガ・スートラ」には、
制感(プラティヤーハーラ)に関して、以下のように記されています。


「諸感覚器官がそれぞれの対象に結びつかず、あたかも心素(チッタ)自体に似たものの如くになるのが、制感(プラティヤーハーラ)である。」ヨーガ・スートラ2-54

「これによって、諸感覚器官に対する最高の支配が生ずる。」ヨーガ・スートラ2-55

(訳)
五感で感じる対象物に心が振り回されず、感覚の動きとその対象どちらに対しても、心が静かであることを制感(プラティヤーハーラ)といいます。

プラティヤーハーラ(感覚や行動に引きずられない)の練習によって、感覚を意志で完全に収めることができるようになるのです。



第1段階の禁戒から始まり、制感に至るまでの5部門は、
ヨーガの外的部門と呼ばれています。

これまでの5部門は、外部的条件を整える準備段階に過ぎず、
いよいよこの後、ラージャ・ヨーガの本命の部分、
心を扱う「瞑想」に入っていきます。

次回は、心を一点に集中させる
第6段階の「集中(ダーラナ)」です。



ラージャ・ヨーガ


つづく




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR