ラージャ・ヨーガ その6


「ラージャ・ヨーガ」は、
ヨーガ・スートラ(聖典)に記されている
八支即(アシュ・タンガ)に沿って修行を積み、
三昧の境地へ向かっていく。という伝統的修行法ですが、


今回は、前回の制感(プラティヤーハーラ)に続き、
第6段階の「ダーラナ(集中、凝念)です。


いよいよ、ラージャ・ヨーガの本命の部分、
心を扱う「瞑想」に入っていきます。

ヨーガ・スートラも、ここから第3章に入ります。



ヨーガ・スートラには、
「ダーラナ」のことが以下のように記されています。


「ダーラナ(集中、凝念)とは、心を特定の場所に縛りつけることである。」ヨーガ・スートラ3-1

(訳)
「ダーラナ(集中、凝念)とは、心を一つの対象に集中させ、
心が動かぬように固定することである。」



深い瞑想をするためには集中力が必要ですが、
ダーラナは、その集中力を高める練習です。


1つ前の段階の「制感(プラティヤーハーラ)」は、
自分の感覚や感情による反応を、客観的に眺めていきましたが、

ダーラナはそれとは反対に、
積極的に、自主的に、

特定の場所(例えば…眉間、胸の奥など身体の一部、
山や木、人物などの外界のもの、
あるいは、音(マントラ)や形(シンボルマーク)等
の中から、

一つの対象を選び、そこへ心を集中させる心理操作になります。



「心」は、たくさんの考えで出来ていて、
たくさんの考えが常に流れ続けている状態にあります。

パラパラ漫画をイメージすると分かりやすいかもしれません。

絵を集めてパラパラめくると、絵は動き流れるように見え、
滑らかな動画のように見えます。

考え(絵)が集まり、パラパラめくるように流れる事が、
心の独特の動きとなります。


そんな心の動き、考えの流れを、
意思(マナス)により一つの対象につなぎとめ、

「同じ絵」の考えが流れ続けるようにしておく事が、
ダーラナ(集中、凝念)であり、
ダーラナ(集中、凝念)する事で瞑想ができるのです。



一つの対象を写した考えを流し続けていたはずなのに、
他の対象が考えに写りこみ、
考えがそちらに引っ張られてしまう事を、
「雑念」と言います。

また考えがタマス(鈍性)な状態になり、
何の対象も写さずに流れてしまう事を、
「眠り」と言います。

(眠っていても、考えの流れは止まることはありません。)


瞑想中に、「雑念」や「眠り」に惑わされないように、
ダーラナ(集中、凝念)をして、
心を一つのことに集中させ、心が動かないように固定します。


ダーラナ(集中、凝念)ができるようになると、
ディヤーナ(静慮、禅那)と呼ばれる状態になります。

さらに瞑想が深まると、
サマーディ(三昧)の境地に入っていきます。



次回は、意識が一定の流れを保ち続けている
第7段階の「ディヤーナ(静慮、禅那)」です。




ラージャ・ヨーガ


つづく



参考図書:やさしく学ぶYOGA哲学ヨーガ・スートラ(向井田みお)








プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR