「骨」からホルモン!?


先日のNHK「ガッテン!」で放送されましたが、

最新研究で、「骨」からもホルモン
出ていることが分かったそうです。

骨からだなんて、オドロキですね!


ある実験で糖尿病のマウスに
この「骨ホルモン(=オステオカルシン)」を注射したところ、
糖尿病が治ってしまったそうです。


この「骨ホルモン(=オステオカルシン)」は、
骨を上手に刺激すると、
骨から大量に放出されて全身へ運ばれ、

脳や肝臓、すい臓、腎臓など、
「様々な臓器を活性化」してくれることが分かってきたそうです。


例えば、
脳には、記憶や認知機能の改善効果が。
心臓には、動脈硬化を防ぐ効果が。
腎臓には、血液をきれいにしてくれる効果が。
皮膚には、コラーゲンを増やす効果が。

その他にも、たくさんの臓器に効くことがわかっているそうで、
なんとも嬉しい限りですね。


逆に骨ホルモンが少ない人は、
糖尿病や動脈硬化などを引き起こす可能性があるので要注意だそう。

これは、増やさない手はありません!


この「骨ホルモン」を増やすワザは
骨を「刺激」することで、
意外に簡単な動きで効果が期待できます。


番組では「かかと落とし」が紹介されていましたが、
これに似た動きがラージャ・ヨーガにあるので、
教室でも取り入れてやっていきますね!

(今までは時々やっていましたが、こういう事ならば毎回のようにやっていきましょう!)


この運動は、臓器の活性化はもちろん、
「骨自体も丈夫に」する効果があります。

骨をよく刺激して、「骨ホルモン」の恩恵をいただき、
カラダを丸ごと若返らせていきましょう〜


元気な骨




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR