なぜ「腹式呼吸」は体にいいの?


ヨーガの呼吸は、基本的に「腹式呼吸」です。

腹式呼吸=健康にいい! 

というのは、いまや一般常識になっていますが、
なぜ、「腹式呼吸」は体にいいのでしょうか?

その効果を改めて見てみたいと思います


「腹式呼吸」というのは、
主に「横隔膜」を上下に動かして、肺に空気を入れる呼吸方法です。

横隔膜の他に、腹筋周辺の筋肉を使います。


「横隔膜」とは、
肋骨の下にパラシュートのようについていて、
間仕切りのように胸腔と腹腔を隔てている筋肉組織です。

(「しゃっくり」は、横隔膜のケイレンが原因です。)



横隔膜が上下に動き、お腹が動くことで、
内臓がマッサージされ働きが良くなります。

内臓の働きが高まると、血流がよくなり、
だんだんと温かい体になってきます。


内臓のイラスト


そして、お腹周りの筋肉を動かしているので、
お腹を引き締めるダイエット効果

背骨を支える筋肉も育ち、
腰を支える「天然のコルセット」ができると言われています。


(腰痛に大きく関わってくる大腰筋と腰方形金は、横隔膜と連結しているので、横隔膜の状態は腰痛と密接な関係にあるそうです。)



そして何より忘れてはいけないのが、「自律神経」との関わりです。

「自律神経」とは、
自分の意思に関係なく体の働きを調整する神経で、
無意識にしている呼吸、消化、発汗、体温調節などを司っています。


呼吸と自律神経の働きは直結しているので、
腹式呼吸を行うことで「自律神経の働き」をよくすることが可能です。


「自律神経」を整えることで、免疫力の向上やホルモンのバランスも整ってきます。


自律神経は、自分の意思ではどうにもならないようなイメージがあるかもしれませんが、
自分の意思でコントロールできる「呼吸」によって、アプローチできるのです!



そして、幸せホルモンの一つである
「セロトニン」を増やす効果もあることがわかっています。

「セロトニン」は、脳内神経伝達物質の一つで、
気持ちを安定させる効果があります。


このセロトニンが不足すると、ストレスに弱くなり、情緒も不安定に。
睡眠や生理、更年期にも悪影響をあたえ、
また、太りやすく、老けやすくもなってしまうとか。。。

セロトニン、かなり重要ですね!


このセロトニンは、リズミカルな反復動作によって増えるそうですから、
呼吸法も「規則的なリズム」で行っていきましょう!



長くなりましたが、腹式呼吸の効果をまとめると…


「腹式呼吸」の効果        

♪ 自律神経のバランスを整え不調の改善

♪ 免疫力をアップして病気を予防

♪ ホルモンバランスを整えて気力もアップ

♪ 内臓機能が向上して、体が温かくなる

♪ お腹の引き締め効果でダイエット

♪ 腰痛などの痛みの予防、改善

♪ セロトニンの分泌を促進して、精神の安定と老化予防



こんなにも嬉しい効果が満載の「複式呼吸」
ぜひ毎日の生活の中でも取り入れてやっていきましょう!

この寒暖の差が大きい季節の変わり目にぴったりな健康法ですね。

寝る前などに行うと、睡眠の質も高くなります


腹式呼吸イラスト


ポイントは、
「リラックスした状態」
「ゆっくり吐くこと」に意識を集中することです。


「イメージ」も効果を上げてくれます。

例えば、
「内臓がマッサージされてイキイキしてくる」

「体のすみずみまで血液が流れて温かくなってくる」

あるいは、
「黒く濁った、悪いエネルギーを吐き出して、
良いエネルギーを取り入れ、体の中がどんどんクリアーに澄んでいく」などなど。


もし、不調や悩みがあったら、
それが取り払われて改善されていくイメージを持ちながらやってみてくださいね!

すぐに変化が現れなくても、あきらめずに続けていきましょう

継続は力なり!です。



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR