動的ストレッチ その1


今日は、教室でも取り入れている
「動的ストレッチ」のことを。


教室で取り入れている「動的ストレッチ」とは、
脚を伸ばした状態で、左右にユラユラしたり、
ヒジを引いて肩甲骨を動かしたりと、

準備運動としてやっている、あの動きのことです。


教室の中でも一番「ヨガ」っぽくない動きではありますが、
あれも、ヒマラヤで何百年も続いているヨーガ行の中で行われている
れっきとしたヨーガの体操のひとつです。



伝統のヨーガを学ぼうと、
遥々ヒマラヤまで来たアメリカ人があの体操を見て、
師匠がやっているにもかかわらず

「こんなのヨガじゃない!」
「オレたちのN.Y.のヨガはどこにあるんだ!」
と怒って帰ってしまうと、木村先生がよく怒っていますが、


正直なところ、私も最初は「???」と思いました


しかし、続けていくうちに、身体も早く温まり、
関節や関節まわりの筋肉も柔軟になって、
コリもとれやすいのが感じられるようになってきました。


そうしている中、テレビで「動的ストレッチ」の存在を知ったのですが、
やり方が、あのラージャ・ヨーガの動きとソックリなのでビックリです

やはり効果のあるものは、様々なところで
活かされているのですね。



運動前は、「静的ストレッチ」ではなく、
「動的ストレッチ」を行う。
というのは、今や常識になりつつありますが、

ここ数年、箱根駅伝で好成績を残す青山学院大学の駅伝チームでも、
「動的ストレッチ」を取り入れたことで、
飛躍的にパフォーマンスがアップしたそうです。


「ただ伸ばす」のではなく、
「動かしながら伸ばす」ことで、

筋肉の温度が上がり、身体を覚醒させるので、
運動前のウォーミングアップに最適なのだそうです。




そう、「動的ストレッチ」は、
身体の“動きの質”を上げるのに最適で、

「より動きやすく快適な身体」にする効果が
おおいに期待できそうです。



長くなってしまうので、
「動的ストレッチ」の効果や、
「静的ストレッチ」との違いなどは、
また次回に載せますね


つづく







プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR