動的ストレッチ その2


(ぜひ、「動的ストレッチ その1」を読んでからご覧ください。)


「動的ストレッチ」とは、

ある動きを一定回数繰り返しながら、
関節や筋肉に刺激を与える運動のことですが、

特徴は、「関節」の動きに大きく関わる運動
だということです。


加齢や運動不足などの理由で、
関節は硬くなり、動きが悪くなってきます。

それは、関節の“潤滑油”である「滑液」が不足し、
サビつくように固まってしまっていることが要因の一つです。


「動的ストレッチ」で少しずつ関節を動かしていくと、
刺激を受けた筋肉の温度が上がっていき、

関節包の中の潤滑油(滑液)の分泌がうながされるので
関節が動かしやすくなってきます。


また、筋肉を動かすことで、筋肉への血流が増えるので、
栄養素やエネルギー源も筋肉に届き、

筋温が上昇するとともに弾力性もアップして、
筋肉と関節の柔軟性が一時的に高まります。


そして、それを繰り返していくことで、

肩関節や股関節を始め、
各関節の可動域が少しずつ広くなっていくのです。


しなやかで、可動域の広い関節を手に入れられれば、
ヨーガのポーズも取りやすくなってきますね。

衝撃を緩和してくれるので、ケガの予防にもつながります。


身体は動かすように出来ていますから、
「動かして、動きをよくする。」というのは、
とても理にかなっていますよね。


効果を高めるには、
動かしている筋肉や関節のことをしっかりと意識することが大切です。

いきなり激しく動かすと、身体を痛めてしまう危険もあるので、
ゆっくりとスタートして下さいね。



一方、
同じ姿勢を保ちながら、静止した状態で筋肉を伸ばす
「静的ストレッチ」は、

反動をつけないので、安全・確実に筋肉を伸ばすことができ、
また、継続的な身体の柔軟性の維持・向上につながります。

心拍数が下がってリラックスできるので、
精神的にも安定するというメリットがあります。


しかし、「静的ストレッチ」では、
筋肉が眠ったような状態になってしまうので、

激しい運動前などに行うと、
かえってケガのリスクが高くなってしまうそうですから、
運動する時には、運動前でなく運動後に行って下さいね。



ですから、
や、運動前には、
筋温を上げ、関節の可動域を広げる
「動的ストレッチ」を、

そして、
や、運動後には、
心身をリラックスさせる
「静的ストレッチ」を、

と、生活の中でもこの2つを上手に使い分けてみてください。



ヨーガクラスの中でも、
「動的ストレッチ」「静的ストレッチ」、

そして、アイソメトリック(静的筋力トレーニング)と
アイソトニック(動的筋力トレーニング)も組み合わせて行って、

「より動きやすく、快適なカラダ」
作っていきましょう







参考図書:「カラダの反応が劇的に変わる!動的ストレッチ」
中野ジェームズ修一 佐藤基之 監修



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR