阿息観


「あ(阿)ーーーーーっ」と、声を出して行う瞑想法、

阿息観(あそくかん)」は、
呼吸に宇宙の根源である「阿」の音を声によって響かせ

「阿」の持つ音のエネルギーと自分が一体となる呼吸法で、
仏教界では瞑想方法の一つとされています。


呼吸を通して
自分の外の世界と、内の世界とのつながりを感じ
私たちは、宇宙の一部であり、人間として特別ではなく

あらゆる生きとし生けるものの命や
空気、水、大地などと同じ平等な仲間であるという一体感に
気づいていくのが目的です。


「阿」の持つ音のエネルギーと一体になる感覚を全身で感じ
「阿」の持つ響きのバイブレーションが与えてくれる
心地よさを味わって瞑想します。


やり方は、

姿勢を整え、目を閉じ、リラックスします。

次に、自然な呼吸から始め、呼吸に集中し始めたら
呼吸を細く長く、深い呼吸にコントロールしながら、整えていきます。

「吸う息」で身体の外に満ちる純粋な(浄の)エネルギーを取り込み
「吐く息」で身体の中や胸の中に残る不純な(不浄な)エネルギーを外に出すイメージを繰り返し
心身を浄化しながら息をととのえていきます。

息を吐ききったら、息を鼻から深く吸います。

口を自然な大きさに開き
「あーーーーーっ」とできるだけ長く、音と共に息を吐いていきます。

苦しくならないように唱えましょう。

吐ききったら、口を軽く閉じ、鼻から息を吸います。

上半身が大きく広がったら、先ほどと同じ要領で
口を軽く開いて「あーーーーっ」と、できるだけ長く、音と共に息を吐きましょう。

これを何度か繰り返します。

口から外へと向かって広がっていく「あ」の音からのエネルギーが
1メートル、2メートルとイメージを広げてゆき瞑想をします。

心が穏やかになったら、少しずつ「あ」の音を小さく調節をしながら
最後は無音にしていきます。

無音になったら、自分の心の中で「吸う息」「吐く息」に「あ」を感じながら瞑想をしましょう。



2017年がもうじき終わりますね。

「あ(阿)—————っ」
と、心地よく息を吐きながら、今年一年の邪気を払い、

すーっと心地よく息を吸って、来年につながる
新鮮でパワフルなエネルギーを取り込んでいきましょう。


上手いも下手もありません。
頭で考えすぎるより、感じることが大切です






*「ヨーガではじめる阿字観瞑想のすすめ」箸=ヒロより抜粋




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR