ペンフィールドのホムンクルス(こびと)


「脳」は、私たちの全身の機能を司っています。

その中でも「大脳」
物事を考えたり、感じたり、言葉を話したり、記憶したりと
特に大きな役割を持っています。

生物の中でも人間の知能が発達しているのは
この大脳が発達しているから。


そして、カナダの脳神経外科医ペンフィールド(1891〜1976)は
脳への電気刺激を用いて

「大脳のどの箇所が」「カラダのどの部分に」対応しているか
そして、対応領域の割合の大きさまでも解き明かしました。

これを表したのが、下の図の「ペンフィールドのマップ」と言われるものです。

ホムンクルス


そして、このマップをもっとビジュアル的にわかりやすくしたのが
下の有名な「ペンフィールドのホムンクルス」と言われる人形です。

ペンフィールドのホムンクルス人形

ちょっとグロテスクですが・・・


この人形を見てみると、「手」がとにかく大きいのが特徴で
次に「舌」「唇」、そして「顔」「足」が大きくなっています。


この人形のサイズが大きいところは、つまり
脳とのつながりが大きいところ。

「手」や「口」は、脳とつながりが大きく
ものすごく敏感だということですね。


「手先をよく動かすとボケない。」
「よく噛んで味わって食べると、脳の活性化につながる」

とよく言われますが
この図から見ても、理にかなっている話ですね。


赤ちゃんも、色々なものを手で触って、口に入れて確かめて
本能的に脳を活性化しているんですね。

汚いからと取り上げて邪魔しちゃいけません。


ヨーガには、ムドラー(印)がありますが
(親指の先と人差し指の先を合わせるチン・ムドラーも印の一つ)

こちらも、雑念を取り、精神を研ぎ澄ませるのに大きな役割を果たす。
というのにも、今更ながらにうなずけます。


ネガチィブな感情に囚われている時は
何か行動を起こして、手や足、口に仕事を与えるというのも
頭がすっきりていいかもしれません。

(でも、食べることで気を紛らわせないようにしましょう。)



脳とのつながりが大きいということは
「頭の疲れ」を取るには、

口をゆるめ、顔をゆるめ
手足の力を抜いていくと、より効果的ということです。


ですから、
「シャバ・アーサナ」する時も

口元ゆるめて、指先の力をゆるめて、手足の重さを感じながら
リラックスしてくださいね。








プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR