ヨーガの歴史


先日、生徒さんから
「日本でヨーガが始まったのはいつですか?」
という質問を受けましたが

しっかりはっきり答えられなかったので
日本のヨーガの歴史を調べてみることにしました。


◇日本のヨーガの始まり◇
ー瑜伽(ゆが)としてのヨーガ伝来ー

最初に日本にヨーガが伝わったのは
806年、唐より帰国した空海の時代にまでさかのぼります。

(なんと、平安時代です!)

その時は瑜伽(ゆが)としてヨーガが伝わりました。

瑜伽(ゆが)とは、仏教におけるサンスクリット語「yoga」の音写語で
瞑想が中心の修行法だったようです。

その後、真言宗や天台宗の「阿字観」等の密教行法として現在に伝わっています。



近代日本におけるヨーガの歴史は・・・

1919年(大正8年)に
大日本帝国陸軍の諜報員、実業家、思想家、ヨーガ行者であった
中村天風(なかむらてんぷう)氏が
天風会を設立し「心身統一法」を説きました。

30歳の時に結核を患った天風氏は、病を治すために世界を旅している中、インドのヨーガの聖人であるカリアッパ師に出会い弟子入りし、この修行を通じて結核は治癒し、さらに悟りを得るに至ったそうです。


その後、
1940年代 三浦関造氏「ハタ・ヨーガ」
1958年  沖正弘氏「日本ヨーガ協会」設立
1966年  佐保田鶴治氏「ヨーガ・スートラ」翻訳・解説

1970年代には第一次ヨーガブームが訪れますが、
1995年 オウム地下鉄サリン事件をきっかけにヨーガ人口が激減

しかし、2000年以降は、ハリウッドセレブを中心とした世界規模のブームが起き、現在に至ります。



ちなみに、世界でのヨーガの始まりは・・・

今から約4500年前(紀元前2500年頃)インド地方に生まれたインダス文明に、その起源をみることができます。

インダス文明の遺跡、モヘンジョ・ダロとハラッパーから座法や瞑想する人が彫られた出土品が発掘され↓↓


ヨーガインダス文明

これが「ヨーガ行者の源流」とされています。


ヨーガという言葉が初めて記されたのは、
紀元前1000年頃のウパニシャッド(奥義書)の文献です。


ヨーガの基本教典である「ヨーガ・スートラ」が編纂されたのは
紀元後400年頃、今から1600年程前のことです。


西暦400年頃は、日本では古墳が作られていた頃、古墳時代です。

そんな時代から、ヨーガは確立されていたなんて凄いですね。

1600年経っていても、その教典に記されている知恵が現代での生き方のガイドとしても使え
このことが、時代は移り変わっていっても、「本質」はいつの時代でも変わらないということを物語っていますね。


以上、大まかですが、ヨーガの歴史でした。


プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR