「ヨーガ・スートラ」とは?


「ヨーガ・スートラ」とは
多くのヨーガの聖典の中でも「基本」といわれている聖典で
紀元前5〜3世紀に聖師パタンジャリによって記されました。

「ヨーガ・スートラ」には
ヨーガの目的、ゴール、定義、効率的な練習方法、注意事項など
ヨーガを極めたいと願う人々が
迷いなく道を進むための具体的な方法がまとめられています。


全4章、195節からなり
第1章(51節)ヨーガの目的の章
ヨーガの定義、ゴール、目的について教えるサマーディ(深い瞑想と悟り)について説明されています。

第2章(55節)ヨーガ実践の章
ヨーガを極めるための具体的な練習方法が書かれています。
有名なアシュタンガヨーガ(八支則)はこの章に記されています。
八支則は、日常生活、毎日をヨーガに生き、自分を磨き、人格を総合的に高める方法や指針を示し、繰り返し練習することの大切さを詳しく教えてくれます。

第3章(55節)瞑想の章
ヨーガの瞑想について具体的に説明されている章。
2章で記されていたヨーガのサーダナ(練習法)の8つの内、最後の3つの瞑想の方法がこの章で具体的に書かれています。
瞑想やヨーガの修行で得るといわれる特別な力(ヴィブーティ)についてもこの章で記されます。

第4章(34節)補足の章
ヨーガのゴールを達成した境地カイヴァイルヤ(究極の自由と解放)について書かれています。
ヨーガによって、自分自身を知り、完全な自由を知る賢者や達人たちは自分をどう理解しているのか?自由を知る人は、自分自身でありながら世界でどう生きていくのか?
苦悩を越え、潜在意識の影響も受けず、カルマや輪廻からさえ自由になるというヨーガを達成した人が理解している知恵を、明らかにしてくれている章です。



ヨーガ・スートラは、サンスクリット語の短い詩(スートラ)が
195集まって構成されていますが
本来は、意味を理解し、お経のように唱えていくことで
自分自身に深く刻みこんでいくものです。

インドにある聖典や経典は、今でこそ文章に現されていますが
昔は、先生から生徒へ、親から子供達へ、耳で聞いて口で唱え
音だけで(口伝)で伝えられていたと言われています。

おそらくヨーガ・スートラも初期の頃は
口伝で伝えられていたのでしょう。
伝えやすいように、また人の記憶に残りやすいように
滑らかな音の流れで綴られています。


そして、スートラには
「糸」「経」という意味があるそうです。

「ヨーガ・スートラ」を学び
磨かれた宝石のような
1つ1つの尊いスートラ(経)を「糸」でつないで
自分のための輝くネックレスを作っていきましょう




【参考図書】
やさしく学ぶYOGA哲学「ヨーガ・スートラ」
向井田みお:著


プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR