人間五蔵説


今、教室で少しずつ話をしている人間五蔵説。

ヨーガでは、人間とは何か、と考えるときに、
人間とはただ単に、肉体的な存在ではなく、
五層の鞘(さや)で出来ているホリスティックな存在であると考えます。

(タイッティリーヤ・ウパニシャッド聖典による)


人間五蔵説


五つの鞘とは、
食物鞘:食物から形成されている肉体の層
生気鞘:呼吸によって体内に取り込まれる
    エネルギー(プラーナ)で形成される層
意思鞘:知覚器官での情報入力と、情報の伝達という
    心的作用が行われる層
理智鞘:認知や知的判断を司る層
歓喜鞘:魂の次元 記憶の貯蔵庫(心素) 無意識層


そして、歓喜鞘の最深部には、これら五蔵を動かす原動力である
真我(アートマン)が鎮座していると言われています。


この5つの鞘達は、お互いに深く関連しあっていて、 
どこか1つが乱れると心身のバランスが乱れ、
病気を作り出すと、ヨーガでは考えます。

特にヨーガ療法では、「理智鞘」の判断(認知)の間違いが、
病気を作りだすと考えています。

心身一如、心身相関。
「からだ」と「こころ」そして「呼吸」は一体だから、
この3つを整えておくことは、とても大切なのです。


健康でいるためには、「今ここ」に意識をあて、自己客観視。
ヨーガをしながら、自分の各鞘の状態がどうであるかを観察します。

食物鞘(身体)・・・余分な力みがなく、リラックスしていますか?
生気鞘(呼吸)・・・ゆっくりと落ち着いていますか?
意思鞘、理智鞘 ・・静まっていますか?感情が暴走していませんか?
(心、精神)


皆さんの各鞘の調子はどうですか?
この四つの鞘を整えることで、歓喜鞘(スピリチュアルな部分)
も健康になり、
ホリスティック(全人的)な健康が生まれます





プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR