カルマ・ヨーガ 〜行為のヨーガ


今日は、「伝統的ヨーガ」の中から、
「カルマ・ヨーガ」のお話を。

このカルマ・ヨーガは、アーサナ(体操)や呼吸法、瞑想などをするヨーガではなく、

日々の生活を修行の場ととらえ、
見返りを求めず善行を行う事で、魂の浄化を図っていく、
という「行為(働き)のヨーガ」です。


「カルマ」という言葉は、形而上学の分野で使われる場合には、
「過去の行為が原因となって生じた結果」を意味しますが、

カルマ・ヨーガでは、カルマという言葉は単に
「行為(働き)」を意味するものとしています。



カルマ・ヨーガの教えは、「結果の放棄」「集中力と無執着」

目の前にある物事すべてに、無私の心を持って全力で行為をし、
その結果に対する見返りは放棄しなさい。
行為の結果に執着してはいけません。
というものです。


私達はついつい、「こうなったらいいな。」「こう思ってもらえたらいいな。」と、
見返りや報酬を期待して、行為をしてしまいますが、

この期待が裏切られた時に、大きく失望してしまい、
自信を失ってしまったり、人を恨んでしまったり、
自分自身で、自分の心に不幸な状況をつくってしまいます。

ですから、行為の結果を手放す。

「目標を掲げるな」ということではなく、
非利己的な思いで全力を尽くしたのなら、
どのような結果になったとしても、気にしない。

結果よりも、その行為自体を楽しみ、その行為そのものに幸せを見出しなさい。
その行為ができることに感謝し、行為をすることで自分を成長させなさい。
という事です。


カルマ・ヨーギー(カルマ・ヨーガを行う人)の代表が、
ブッダやマザー・テレサですが、
私達も日々の生活の中での修行で、
このような聖者に少しでも近づきたいものですね


カルマ・ヨーガ



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR