ストレスを観る


ストレスの話の続きを・・・

「適度なストレス」は、心身を鍛えるために必要なものですが、

適度を越え、ストレスにより心身を壊さない為に、
「悪ストレス」をいかに「善ストレス」に変えていくか。

そう、特に“変えられない事実”に対しては、
「気のもちよう」「物事のとらえ方」を、
変えていくのが、心身を守るためにとても大切です。


ヨーガには、
「不幸は時として、最大の教師となる」
という言葉がありますが、

自分にとって不幸やストレスとなるものの中には、
先生(教え)となる要素が必ずあるという意味です。


例えば、
病気は、健康であることの有り難さや、
体や心の使い方のまずさを教えてくれた先生かもしれません。

ストレスとなる嫌なあの人は、「こういうことをすると嫌われるよ」
と身をもって教えてくれている先生かもしれません。


出来事を大きな視点から、ポジティブにとらえ、
人生経験すべてを学びに変えていくマインドが大切ということです。

すべてを学びに。すべてを感謝に。



ヨーガでは、
「天からの配慮をすべて受け入れられる、解放された心をつくりあげなさい」と言いますが、

しかし、あれもこれもと受け入れて抱え込んでしまっては、
身がもたないのも事実です。

中には、抱え込まなくてもいいストレスがあるかもしれません。


自分がやらなくてもいいことは人に任せてみる。
考えなくていいことは考えない。

要らないストレスはどんどん手放して、
シンプルにするということも大切です。


自分にとって、何が必要で、何が必要でないか、
冷静に観ていくためにも、
先ずは肩の力を抜いてリラックス。
そしてマインドフルネスで物事をありのまま観ていく智慧が必要です。



クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかになりましたね。
今年は、どのような一年だったでしょうか。
たくさんの先生に出会えた一年だったでしょうか。

私は、たくさんの先生に出会え、多くの学びを頂いた一年でした。
この学びを大切にして、少しずつでも、強くたくましく、
成長していけたらと思っています。



ヨーガ教室に通って下さっている方、
また、このブログを読んで下さっている方、
今年も一年間ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR