7つのチャクラ


教室でも取り上げている「チャクラ」ですが、
より深く知っていただくために、今回は「チャクラ」のお話を。

古代インド哲学の考えからきている「チャクラ」は、
ヨーガとは切っても切り離せないものです。


チャクラとは、サンスクリット語(インドの古語)で
「回る車輪」という意味です。

エネルギーの集まりが、渦のようにクルクルと光りながら回転をしているとイメージしてみて下さい。

どこにあるかというと、それは「からだ」の中にあります。


チャクラ



ヨーガでは、脊髄にそって主要なものが「7つ」あるといわれていて、

その7つのチャクラは、脊髄にそって走るスシュムナー気道に、
2本のナーディー(気道)が交差するポイントにあります。



チャクラは宇宙にあふれる生命の原動力「プラーナ(生命エネルギー)」の貯蔵場所(エネルギーセンター)となっていて、

それぞれのチャクラの中をプラーナ(生命エネルギー)が出入りしており、
その流れのバランスが心と体、また、オーラ体にも影響を及ぼしていると考えられています。


創造の五元素《地、水、火、風,空》とも関連し、
そして、対応する色(虹と同じ7色)を持っています。


チャクラは、心身及び霊性を巡るエネルギーの動きを調整していますが、
それぞれが、内蔵、神経系、内分泌系とも関連しているので、

チャクラを刺激し、エネルギーバランスを整えることは、
内蔵や神経系、内分泌系の調整をすることにもなるのです。


「チャクラ」は目に見えないものなのでピンとこない方も
多いと思いますが、自分自身の状態を映し出す鏡でもあるので、
「チャクラ」を知ることは、自分自身を知ることに繋がります。



今後ブログで、主要な7つのチャクラを下から順番に取り上げていきたいと思っています


それぞれのチャクラの特性を知り、日々の生活にも生かしていくことで、も開けてくると言われています。

この体内の「パワースポット」である「チャクラ」を生かし、
私たちの内なる光を輝かせていきたいですね




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR