第1チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)


昨日は雪が降って寒かったですね
積雪も東京はたいしたことなく終わってよかったです。

今回は「7つのチャクラ」のうちの一番下の根っことなる
「第1チャクラ」
のことを。


《第1チャクラ》

ムーラーダーラ・チャクラ
ルート・チャクラ 


場所: 尾てい骨 肛門と生殖器の間
キーワード:安定感、生命力

チャクラカラー: 
関連する五元素: 


チャクラ



主要な機能は、私たちを物質界にグラウディング(自分を地球としっかりつなげ、安定させること)させ、生存させること。

このチャクラの中には、女神クンダリニーが眠っていて、
クンダリニーの覚醒により、超能力、潜在能力などが活性化するといわれています。


第1チャクラが程よく活性していると・・・

・ 健康的でエネルギッシュ
・ 人生や生活にやる気や意欲が出る
・ 地に足がついた考え方と行動ができる
・ 精神的に安定して、信頼される人に

逆に、乱れていたり、エネルギー不足だと・・・

・ 意欲がわかず、やる気が出ない
・ 体に不調や冷えが出る
・ お金や仕事に困った状況が生まれる
・ 注意力が散漫に(転ぶ、事故、ミス)
・ 肉体的、情緒的な安心感が欠如

と、いわれますが、思い当たることはありましたか?


もし、第1チャクラが不安定だな、エネルギー不足だな・・
と感じた時は、

下半身を意識して、しっかりと足の裏を地面につけ、
ヨーガのポーズ(山のポーズや戦士のポーズ)をとったり、
ウォーキングをしたり、掃除をしたり・・・
(肉体と関連しているので、筋肉(特に下半身)を使うと効果的)

また、赤い洋服や小物を身につけてみたり、
赤い食べ物や花を飾って、
視覚からエネルギーを入れていくのもオススメです。

ただ、「赤」のエネルギーは強いので、過剰になると、
「やる気」を通り越して「怒り」なってしまうので注意が必要だとか。



7つのチャクラは、それぞれが「人間の成長にまつわるテーマ」
を象徴しているとも言われていて、

第1から第7チャクラに向かい、年齢(7歳ごと)に移っていくという説があります。

「誕生」から、「悟りや自己実現」という目標に向かって階段を一段一段登っていくイメージです。


第1チャクラの領域は、0〜7歳。

赤ちゃんは親に抱かれ、欲求を満たしてもらうことで安心感を得ます。
また、家族の属するコミュニティが持っている意識や信念が、胎児のうちからすり込まれます。

仮にこの時期に、歓迎されて生まれてきたこと、愛されていることが十分に感じられなかった場合は、家族間の不和や健康問題という形になって、

「私は生きていていいのかしら」「生きる価値があるかしら」という課題と取り組むことになります。

もちろん、誰にでも生きる価値があります。
それを実感し「生きていていいのだ」「生きるって素晴しい」と認識し直すのがこの領域で得られる豊かさなのです。

(はじめてチャクラの本/八尾こと葉 より一部抜粋)



私たちの基盤、根っことなる大切な「第1チャクラ」

しっかりと地に足をつけ、
先のことを思い悩まず、意識を「今ここ」に。

深い呼吸をして、
肉体のある喜び、命のある喜びを感じましょう



プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR