暑中お見舞い申し上げます

連日、猛烈な暑さが続いていますが、皆さまお変わりありませんか?

私は、前回の台風が去ったあと急にやって来た蒸し暑さに体がついて行けず、ずっとだるかったのですが、ここに来て暑さにも慣れ、体がシャキッとしてきました


7、8月の教室は、胸(心臓)のあたりにあると言われている、
第4チャクラ(アナーハタ・チャクラ/ハート・チャクラ)をテーマにしていますが、皆さんのハート・チャクラの調子はいかがでしょうか?

ハート・チャクラ、「胸」の部分は、夏を快適に過ごすための鍵を握っているところでもあります。

「胸」の辺りがゆるんでいると、自家製のクーラーがよく働いて、胸から体にこもっている熱が放出され、夏バテや寝苦しさから解放されやすくなるそうです。

しかし「胸」は、冷房等の冷えはもちろん、気疲れなどの精神的なストレスや、生活リズムの乱れなどの影響を受けて、すぐに硬くなってしまうところ。
ですから、家でも「胸/ハート」を大きく開くようなポーズを、深い呼吸と共にとってみて下さいね。

「胸」を柔らかくして夏を快適に
そして、「ハート・チャクラ」の愛のエネルギーも高めて、家族と過ごす時間が多い夏休みを、楽しく過ごせたら最高ですね


ハート・チャクラの状態が整ったら、ぜひ全体のバランンスにも意識を向けてみて下さい。

夏は、暑くて環境的ストレスが大きく、心身の調整が難しい時ですから、
今の自分の状態をよく感じ取って、上手にバランスを取っていきましょう!

...頑張りすぎず。(熱中症が心配!)
...かといって休みすぎず。(よけいダルくなります!)
自分に程よく丁度よく。

ギターの弦に例えると良いそうです
ギターは、弦を強く張りすぎると、弦がプチッと切れてしまいますね。
しかし、ゆるーく張っておくと、良い音が出ません。
キツ過ぎず、ゆる過ぎず、丁度よく張ってこそ良い音色が奏でられます。

自分の弦はどの辺りが丁度いいかな?
体や心へのアンテナをしっかり立てて、自分の弦を上手に張り、
涼しげで奇麗な音を奏でたいですね


それでは、また教室でお会いしましょう


奥多摩




2014 あけましておめでとうございます


新年あけましておめでとうございます


昨年は、たくさんの方に助けて頂きながら、
楽しくヨーガを行う事ができました。
心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

今年もヨーガで心身を癒し、
今ここの、一瞬一瞬を大切にしながら、
笑顔で毎日を過したいですね

その為にも、呼吸を味方につけ、
アーサナで自然治癒力をUPし、からだの健康を、
瞑想(自己客観視)で、こころの健康を、
ヨーガで、多少の事ではへこたれない
強くしなやかな「からだ」と「こころ」を作っていきましょう!
そして、その「からだ」と「こころ」を生かし、
家族や周りの人達にも笑顔が増えていったら、
こんな幸せなことはありませんね


ヨーガでは、
「自分に必要なものは全て持って生まれ
 ふだんは覆われていて見えないが
 刺激を受ける事によりその覆いは取り払われ
 本来の自分が姿を現す。」
 といわれています。

その覆いを取り去る刺激とは、
日々やってくる「試練」であり、
瞑想の中での「気づき」です。

瞑想は、内なる自己との対話です。

自分と向き合うのは、非常に怖い事でもありますが、
成長を手助けしてくれるものです。

今年も様々な試練がやってくるでしょうが、
何が来ても、自分に必要なものだと受け入れ、
すべてに「OK!」を出し、
魂を磨きながら前進していきたいですね。



穏やかで、静かな波動に包まれた一年となりますように・・・。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


*******

自分とじっくり向き合いたいという方、
1月11日(土)郷の家での「瞑想ヨーガ」
まだ若干名空きがありますので、
よかったら参加して下さいね♪




プロフィール

小荒井伸子

Author:小荒井伸子

日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員

インド中央政府公認ヨーガインストラクター
インド中央政府公認ヨーガセラピスト

日本森林ヨーガセラピー普及協会認定ヨーガインストラクター

アロマテラピー検定1級


青梅市を中心に、ヨーガサークル・
コナミスポーツ・自立支援センター等にて
「こころ」と「からだ」を健康にするヨーガ教室を開催しています。
    
東京都青梅市在住

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR